このページの本文へ

ズバッと解決! Windows 10探偵団第36回

Win+QのショートカットキーでCortanaを起動

Windows 10、タスクバーの検索ボックスが邪魔

2015年11月23日 09時00分更新

文● 柳谷智宣 イラスト●てりィ’S Factory 編集●E島/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

タスクバーのなにもないところ、もしくは検索ボックスを右クリックし、「Cortana」メニューを開く

 スタートボタンの隣りにある、タスクバーの検索ボックスはなかなか広いスペースを占拠している。マイクロソフト的には、検索の起点にしてほしいと考えているようだが、自分でコントロールパネルやブラウザーを開き、操作している人も多いだろう。

検索ボックスがアイコンになった
アイコンも非表示にできる

 もし検索ボックスが邪魔なら、Cortanaのアイコンにしたり、さらには非表示にしたりできる。検索ボックスを右クリックして、「Cortana」メニューから「Cortanaアイコンを表示」もしくは「表示しない」を選択しよう。タスクバーを広く活用できるようになる。

アイコンもない状態でも、Win+QのショートカットキーでCortanaを起動できる

 検索ボックスをなくした状態で、Cortanaを使いたい場合はアイコンをクリック。メニューが開くので、マイクアイコンをクリックすれば音声入力が可能。アイコンも非表示にしているなら、ショートカットキーのWin+Qキーが利用できる。


これでズバッと解決!

 右クリックメニューの「Cortana」メニューから、アイコン表示にしたり、非表示にしたりできる


 Windows 10にまつわる疑問、解決したい問題などを「Windows 10探偵団」では絶賛募集中です。下記の入力フォームからお送りください。




 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン