このページの本文へ

SanDisk「サンディスク フェスタ in Akiba」

ジサトラがSSDを絶賛! 「サンディスク フェスタ」開催中

2015年11月21日 19時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 サンディスクが、21、22日の2日間、ユーザー向けのSSDイベント「サンディスク フェスタ in Akiba」を、今年も秋葉原UDX 1階のサボニウス広場で開催中だ。

秋葉原UDXのサボニウス広場で開催中の「サンディスク フェスタ in Akiba」

 会場の展示コーナーでは、SanDisk製SSDの展示はもちろん、SSDの導入事例の紹介、HDDとSSDの速度比較デモなどが行なわれている。

HDD搭載マシンでは、CPUを変えるよりもSSDに変えたほうがマシンが高速になるというデモ。同時に再起動し、Windowsの起動時間を確認できるようになっている

サンディスクのNAND FLASHは、自社で開発したものを、四日市にある世界最大規模の工場で生産している。これはそのウェハーの展示

こちらはテクニカルライターの高橋敏也氏謹製の「光る! 板(イタ)PC」。SanDisk Extreme Pro 240GBを3台使用してRAID 0構成にしている。痛PCと板PCをかけているあたりが高橋氏らしい

その「光る! 板(イタ)PC」の転送速度がこちら。シーケンシャルはリード、ライトともに4桁をマーク。NVMe対応SSDに匹敵する速度を叩き出している

週刊アスキー“ジサトラ”と“改造バカ一台”の夢のコラボ。ジサトラでおなじみ虎マスクを被る高橋敏也氏(左)とステージの司会者

 ステージイベントでは、週刊アスキーの自作PCチーム「ジサトラ」や、テクニカルライターの高橋敏也氏、プロゲーマーDustelBox選手が登壇。SanDisk製SSDを使用するメリットなどを紹介した。

ステージイベントには我らがアスキー編集部のジサトラカクッチ、ジサトラアキラが登場。SanDiskのSSDラインナップを紹介し、ゲームだけをインストールするゲーム用SSDの増設を提唱する

実際にPCにSSDを増設する手順を解説。ケーブルを2本差すだけなのでとても簡単に増設できることを実演した

ゲーム用SSDにしたことで、ゲームの起動時間が劇的に早くなる。これを体験したらもうHDDとに戻れない!と熱く語った

サンディスク フェスタ開催中にSSDを購入すると、先着10名に外付けケースとジサトラステッカーがプレゼントされる

ステージの横でニコ生に出演するジサトラメンバー。ニコ生放送中に、購入したSSDを持ってきてSDDケースを貰う人が数名いた

国内トップレベルのeスポーツプロチーム「DetonationN」のDustelBox氏のステージ。「SSDならばゲームのロードが早いので初動が有利なうえ、プレイ中に万が一PCが落ちても再起動が早く短時間でゲームに復帰できるので、SSDは必須」とコメントした

サンディスクの長谷川さんが、DustelBox氏が使用しているSSDを紹介。独自のキャッシュ技術「n Cashe Pro」によりデータのアクセス速度が向上し、長期使用による速度低下も少ないので、ゲーマーやプロユースに最適とのこと

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中