このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

コンパクトボディで防水防塵、指紋認証や有機ELの美しい画面も魅力

普段使いにこの1台! 手になじむ約5.0インチスマホ「arrows Fit F-01H」

2015年12月08日 11時30分更新

文● 村元正剛、編集●ハイサイ比嘉

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

富士通「arrows Fit F-01H」

 NTTドコモが10月7日に発売した、富士通製の「arrows Fit F-01H」は、Android 5.1、1.2GHzのクアッドコアCPUを搭載するスマートフォン。約5.0インチの大画面有機ELディスプレイを搭載しながら、片手でも操作しやすいコンパクトボディを実現し、防水・防塵だけでなく、耐衝撃性能も備えていることで注目を集めているモデルだ。

 端末価格は、新規契約なら実質負担金が3万円台、機種変更なら1万円台とお手頃。しかし、arrows Fit F-01Hは、決してローエンドのスマホではない。むしろ、いま求められる王道のスペックを備えつつ、多彩な便利機能を備えた、”使えるミドルレンジ” と呼ぶべき端末だ。その特徴・魅力を、実際の使用感を交えてレビューしていきたいと思う。

日本人の手になじむ幅約69mmのスリムボディ

 arrows Fit F-01Hの画面サイズは約5.0インチ。1〜2年前には「大画面」と呼ばれたサイズだが、最近のスマートフォンは、5.0インチを超えるディスプレイを搭載する機種が増えており、この画面サイズは「標準的」といって差し支えないだろう。

約5.0インチのHD(720×1280ピクセル)ディスプレイを搭載

 狭額縁設計を採用しているため、ディスプレイ左右のベゼルが細く、製品全体の横幅が約69mmに抑えられていることも特徴。実際に手にすると、一般的な5.0インチモデルよりもコンパクトに感じられる。重さは約149gなので、男性はもちろん、女性でも片手で楽に持てるだろう。着信した電話に応対したり、メールをチェックしたりという基本操作は、片手で無理なくこなせそうだ。

片手でも楽に持てるコンパクトさも魅力

 正面からはスクウェアでフラットなボディに見えるが、背面パネルの四方のエッジ部はラウンドフォルムになっている。手にしっかりとフィットし、安定したホールド感が得られる印象だ。

 カラーバリエーションは「aka」「kuro」「shiro」「midori」の4色。日本の色彩を表現しているそうで、それぞれ鮮やかながら落ち着きもあり、深みも感じられる仕上がり。akaとmidoriは、背面パネルが光沢で、kuroとshiroは艶消し。いずれもウルトラタフガードが施されており、キズが付きにくい。側面は、同色ながら異なる質感にするなど、細部にもこだわりが感じられる。

本体色「shiro」は、背面の指紋センサーも白でデザインされている

 デザイン面で特徴的なのが、本体上部のヘッドラインだ。日本ならではの高いレベルの製造技術によって、何層にも重なる塗装処理が施されており、いわば“いぶし銀”のような上質な輝きを実現している。国産ならではの“粋”と呼んでもいいだろう。

上部のイヤホンジャックはキャップレス。この部分は特殊塗装で質感が異なる

底部のmicroUSB端子はキャップ付きで防水・防塵に対応

左側面にはnanoSIM/microSDスロットと電源ボタンを搭載

音量調節キーは右側面に配置

ボディカラーにフィットする壁紙素材も見事

 なお、それぞれのボディカラーにフィットする壁紙素材もプリセットされている。画面も含めた統一した世界観が、所有する満足感をより高めてくれるはずだ。

カラーバリエーションは「aka」「kuro」「shiro」「midori」の4色を用意。日本の色彩を表現した壁紙も内蔵している。こちらは本体色「aka」のもの

「kuro」

「shiro」

「midori」

ホーム画面は3種類から選べる

このレビューでは「NX!ホーム」に設定した画面を使用

「NX!ホーム」でのアプリ一覧画面

「設定」画面は初期設定ではタイル表示になっているが、リスト表示に切り替えることも可能

前へ 1 2 3 4 5 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン