このページの本文へ

Bluetoothシャッターも同梱して何かと便利

卓上三脚にもグリップハンドルにも、延長して自撮り棒にも使える「iKlip Grip」

2015年11月20日 15時55分更新

文● 行正和義 編集/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ミニ三脚として卓上スマホスタンドに、延長スティックを付けて自撮り棒に

 フォーカルポイントは11月20日、グリップハンドルや卓上スタンド的に使える小型三脚、自撮り棒や一脚などとして利用できる「iKlip Grip」を発売した。

 画面サイズ3.5~6インチのスマホに対応する伸縮式ブラケット(幅54~91mm)のスマホクリップを装備し、下部はグリップ兼小型三脚となっている。スマホホルダーと三脚の間はボールジョイントなので卓上に置いた際のアングル自由度も高い。また、スマホホルダーは三脚穴で接続されているため、デジカメでも利用することができる。

延長スティックを合わせてもコンパクトに持ち運べる

 三脚を閉じた状態でグリップハンドルとして利用できるほか、最長45cmまで延長できるスティックが同梱。グリップハンドルの長さと合わせて55cmの長さとなり、自撮りなどに活用できる。

Bluetooth接続のリモコンシャッターも付属

 製品にはスマホとBluetooth接続してリモートシャッターとして使えるリモコンが付属する。Androdi/iOS両対応で、自撮りの際に便利。単体の長さは約17cm、重量約100g。価格は8640円。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン