このページの本文へ

【ET 2015レポ】IoTに力を入れるインテルと、組み込み市場に注力するAMD

2015年11月18日 22時00分更新

文● 北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月18日から20日までパシフィコ横浜で、組み込み総合技術展「Embedded Technology 2015」と、IoT総合技術展「IoT Technology 2015」が同時開催されている。PCのエンドユーザーでもなじみの深いインテルとAMDがブースを出展していたので、両社のブースを紹介しよう。

インテルブース

AMDブース

IoTに力を入れるインテル

 Internet of Things、つまりモノのインターネットに力を入れるインテルは、「IoT Technology 2015」に出展。自動販売機やタクシーをインターネットに接続することで拡大するビジネスの可能性を提示した。

試着した様子を360度どの角度からも確認可能な「Memory Mirror」。クラウド連携により試着の様子をスマホで確認したり知人とのシェアも可能だ

Core i7を搭載したGIGABYTE製の超小型PC「BRIX」を液晶の裏面に搭載する。PCは液晶裏面(写真上部のヘコみ)に埋め込まれるが、写真では撮影のために外に出している

洋服の色をリアルタイムで置換できるため、わざわざ色違いの服を試着する必要はない。アメリカではすでにブテックでの導入が始まっており、日本のデパートでも試験的に採用されたことがある。今後国内での導入を促進していくという

こちらは高機能サイネージ自動販売機の「スマートベンダー」。ネットに常時接続することで、速報性が求められる交通情報などを利用者に提供できるほか、多言語による情報提供や災害時の対応も実現する。内蔵のカメラが利用者の性別や年齢を識別し、利用者に適したオススメの情報を表示したり、記念撮影なども行なえる

ドライブデータ分析と電子決済機能を備えるタクシー向けのマルチデバイス「Empathy EM10」。Atom E3825とWindows Embedded 8.1 Industryを搭載するデバイスに、決済、メーター、配車予約、ナビなどの機能を集約する

こちらは客席側の画面。目的地や位置情報と連動した情報を乗客に配信できる。端末右端にクレジットカードをかざせばその場で決済が可能。デモはタクシー用途だが、例えば居酒屋の座席予約やPOSシステムなど、あらゆる店舗で活用できる

組み込み向け機器に注力するAMD

 組み込み向け機器でAPUのシェア拡大を狙うAMDは「Embedded Technology 2015」に出展。デジタルサイネージ、アミューズメント機器、通信ネットワーク市場などに向け、4K動画の再生支援機能やグラフィックス機能の高性能さをアピールしていた。

10月に発表したばかりの“Merlin Falcon”こと第3世代AMD Embedded RシリーズAPUを搭載したシステム。4K動画再生時も、CPU負荷は最大18%と低負荷。“Merlin Falcon”はチップセットを統合したSoCのため、第2世代の“Bald Eagle”よりもシステムを小型化できる

パチンコ/パチスロ向けシステムとして運用したデモ。リール(数字)、桜吹雪、ポリゴンキャラ、水面の3Dレンダリングに加えて、背景で動画を再生している。これだけの処理が“Merlin Falcon”ならば省スペース、低コストで可能だという

“Merlin Falcon”nの性能ベンチマーク。4つのHD動画を再生しつつ、3DCGのユニティちゃんを35体動かしても、フレームレートは約30fpsをキープできる

第2世代AMD Embedded Rシリーズ“Bald Eagle”で構成されたパチンコ/パチスロ向けシステム。赤い基板はGPUだ

こちらは株式会社アスクのブースで展示されていた“Merlin Falcon”搭載ボード。第3世代ではNUCサイズにまで小型化できるのがわかる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン