このページの本文へ

AMD、組み込み向けの第2世代「AMD Gシリーズ」を発表

2014年06月04日 13時01分更新

文● ASCII.jp編集部 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDは、開発コードネーム“Steppe Eagle”および“Crown Eagle”こと、第2世代「AMD 組み込み型 Gシリーズ・プロセッサー・ファミリー」を発表した。

“Steppe Eagle”こと「AMD 組み込み型 Gシリーズ・プロセッサー・ファミリー」Steppe Eagleは100円玉とほぼ同じ大きさだ

 第2世代AMD Gシリーズは、現行のGシリーズと同じくJaguarコアを採用するが、低消費電力化が行われた強化版Jaguarコアとなっている。また、最高クロック周波数が高くなっており、これにより性能を向上させている。具体的には前世代のGシリーズと比べて60%性能が向上、1ワットあたりの性能は96%とほぼ2倍に向上しているという。

AMDの組み込み向け製品のロードマップ。なお、Steppe EagleとCrown Eagleは、既存のAMD Gシリーズを置き換えるのではなく、新たにラインナップを追加するかたちで投入される

 TDPは、5~25WとGシリーズの6~25Wに比べて若干下がっている。おそらくは、同クロックであれば、Steppe Eagleのほうが低消費電力となるため、TDPの最小値が下がり、同消費電力であれば性能が向上するため、最大TDPは据え置き(つまり性能は高い)になっていると思われる。また、ユーザーがTDPを設定するConfigurable TDPにも対応する。

Crown EagleはGPUを搭載していないため、通信インフラの構築やトラフィック制御、セキュリティー機器への組み込みが主な用途となる
Embedded G-Series ラインナップ
  GX-424CC GX-412HC GX-212JC GX-208JC GX-420MC GX-412TC
開発コード Steppe Eagle Steppe Eagle Steppe Eagle Steppe Eagle Crowned Eagle Crowned Eagle
CPUコア数 4 4 2 2 4 4
CPUコア
クロック
2.4GHz 1.2GHz 1.2GHz 1.0GHz 2.0GHz 1.2GHz
CPUブースト
クロック
- 1.6GHz 1.4GHz 未定 - -
GPU R5E R3E R2E R1E 非搭載 非搭載
GPUコア
クロック
497MHz 300MHz 300MHz 未定 - -
GPUブースト
クロック
686MHz 654MHz 533MHz - -
対応メモリー DDR3-1866 DDR3-1333 DDR3-1333 DDR3-1600 DDR3-1600 DDR3-1600
TDP 25W 7W 6W 7W 17.5W 6W

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン