このページの本文へ

セキュリティを強化したファイルサーバーの導入を容易に

NECの「マイナンバー安心セット」で機密ファイル保管が可能に

2015年11月18日 14時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 11月18日、NECは中堅・中小企業向けの「マイナンバー安心セット」に「機密ファイル保管サーバセット」を追加した。マイナンバー安心セットは、中堅・中小企業向けに短期間で人事・給与システムのセキュリティを強化するパッケージ商品。

 マイナンバーを含む個人情報は、「特定個人情報」として従来の個人情報以上に企業での厳格な取扱い義務が課せられる。所得税法や雇用保険法などの法令により、提出が必要なデータ作成時に人事・給与システムから出力した帳票や電子データをファイルサーバーへ保管することが考えられる。

 今回追加された機密ファイル保管サーバセットは、ファイルサーバーに最適な「iStorage NS100Te」とファイル暗号化ソフト「InfoCage ファイル暗号」、アクセス権管理ソフト「NEC Information Assessment System」(以下、NIAS)、アクセスログ管理ソフト「ALog ConVerter for iStorage NS」をセットにした。これにより、ファイルの暗号化やアクセス権の一括管理、ログの監視や収集が可能になり、マイナンバーを含む個人情報の保管先となるセキュリティ強化したファイルサーバーの短期間導入を実現する。

マイナンバー安心セットに機密ファイル保管サーバセットを追加

 iStorage NS100Te、InfoCageファイル暗号、NIAS、ALog ConVerter for iStorage NSを含んだセットの価格は99万9280円(税別)。iStorage NS100TeとInfoCageファイル暗号のセット(最小構成)は34万円となる。

カテゴリートップへ

ピックアップ