このページの本文へ

ASUS「H110M-PLUS D3」

DDR3メモリーが使えるH110搭載マザーがASUSから発売

2015年09月29日 22時36分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 27日から販売が始まった「H110」搭載マザーボードだが、ASUSからは同チップセットを採用する「H110M-PLUS D3」が発売中だ。DDR3メモリーに対応する安価な製品となっている。

ASUS製の「H110」搭載マザーボード「H110M-PLUS D3」。MicroATXフォームファクターの製品だ

 「H110M-PLUS D3」は、MicroATXフォームファクター対応、耐久性と信頼性の証である5X Protection IIをサポートするLGA 1151対応モデル。

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×1、PCI Express(2.0) x1×2、メモリーがDDR3 DIMM×2(DDR3-1866(O.C.)/1600/1333、32GBまで)という構成。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111H)やサウンド(Realtek/ALC887-VD2)、SATA3.0×4、USB 3.1×2などを装備するほか、I/O部にはグラフィック出力機能としてHDMI、DVI-D、D-Subを備える。

 価格は1万584円。ドスパラ パーツ館やTSUKUMO eX.で販売中だ。

DDR3メモリーに対応するため、手持ちの資産を流用したいという人は注目

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中