このページの本文へ

東芝「MQ03ABB300」

2.5インチHDDで最大容量の3TBを実現した東芝「MQ03ABB300」

2015年09月25日 23時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2.5インチHDDとしては最大容量となる3TBを実現した東芝製HDD「MQ03ABB300」の販売がスタートした。今年1月に発表された製品だが、ようやく登場してきた格好だ。

2.5インチHDDとしては最大容量となる3TBを実現した東芝製HDD「MQ03ABB300」

 「MQ03ABB300」は、垂直磁気記録技術により1プラッター当たり750GBとなる高い記録密度を達成。厚さは15mmとなるが、ディスク4枚を搭載することで3TBの大容量を実現している。

 主なスペックは、インターフェースがSATA3.0(6Gbps)、回転数5400rpm、バッファ容量16MiB、平均待ち時間は5.56ms。消費電力はアイドル時0.70W、動作時1.70Wで、騒音はアイドル時・シーク時とも25dB、重量180g。厚みは一般的な2.5インチHDDサイズではないものの、小型ストレージの大容量モデルとして注目だろう。

 価格は2万2800円。テクノハウス東映やパソコンハウス東映で販売中だ。

厚さは15mm。小型ケースや外付けデバイスとしての利用が活躍の場になりそうだ

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中