このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

ソニーのノイズキャンセルはハイレゾ時代に突入! 第1回

約3万円でハイレゾ&ノイキャン! 新ウォークマンAをしゃぶり尽くす

2015年09月22日 12時00分更新

文● 鳥居一豊

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 飛行機や新幹線のような長距離の移動で重宝するヘッドホンのノイズキャンセル機能。ここのところ最新モデルもあまり登場していないし、注目度も減っていた。実はこれ、ハイレゾブームの盛り上がりに少なからず原因があったのだ。

 ここ最近の各社のモデルはハイレゾに対応したモデルが増えているが、ノイズキャンセル機能とハイレゾ対応の両立が実は難しかった。そのため、優先順位が低いノイズキャンセル機能のモデルの発売が減ってしまったのだ。

 だが、毎日の通勤電車や喫茶店などでの休憩など、騒音の多い場所で音楽を楽しむことは多く、「ハイレゾ対応モデルでもノイズキャンセル機能が欲しい」というニーズが出はじめていた。

 そこをしっかりと拾い上げたのがソニー。今秋のモデルでは、新しいヘッドホンシリーズ「h.ear」を投入。新型ウォークマンとの連携も高め、より魅力あふれるラインナップとしている。

 そして、低価格帯のウォークマン「A」シリーズにも、ハイレゾ音源を再生しつつ、ノイズキャンセル機能が使える「A20」(NW-A2x)シリーズが登場。10月10日に発売となる。ハイレゾ時代のノイズキャンセル機能を紹介する本特集の第1回では、このA20シリーズを詳しく紹介していきたい。

プレーヤーからイヤフォンまで
単色で統一したデザインが独創的!

ウォークマン A20全色と付属イヤフォン
ウォークマン A20全色と付属イヤフォン

 まずはウォークマンA20シリーズの製品のラインナップを紹介していこう。内蔵メモリー64GBの「NW-A27HN」(予想実売価格 4万6000円前後)が最上位モデルで、32GBの「NW-A26HN」(同3万5000円前後)、16GBの「NW-A25HN」(同3万円前後)と続く。

 上記がハイレゾ&ノイズキャンセル対応モデルとなる。このほかに、付属イヤフォンが安価なモデル(つまり、ハイレゾ非対応のイヤフォンが付属)が「NW-A25」(実売価格 約2万5000円)がある。内蔵メモリーは16GBだ。

 こちらの場合、別売の専用イヤフォン(MDR-NW750N、予想実売価格1万3000円前後)を購入すれば、ハイレゾ&ノイズキャンセル対応になるが、専用イヤフォンは2色しかないため、本体とのカラー統一ができない。スタイルも重視するなら上記のA2xHNシリーズを選ぶ方がいいだろう。

A20シリーズの本体と付属イヤホン。素材の異なる部分も極力同じ色に揃えることで、統一感のある見た目となっている
A20シリーズの本体と付属イヤホン。素材の異なる部分も極力同じ色に揃えることで、統一感のある見た目となっている

 基本的なデザインや機能はA10シリーズを踏襲しているが、ひとめで見て大きく印象が異なる。それは、写真の通り、プレーヤーのボディーからイヤフォンやケーブルまで単色で統一されていること。

 ウォークマンやイヤホンのハウジングの素材であるアルミをはじめ、ケーブルやイヤーチップなどの樹脂系素材など、いろいろな材質が使われているにも関わらず、見た目の色合いがほぼ同一色に統一されている。ウォークマンもイヤホンもカラバリは複数用意されるが、ここまで徹底して単色にこだわったものは初めてだ。

 カラバリとしては、ビリジアンブルー、シナバーレッド、ライムイエロー、ボルドーピンク、チャコールブラック、シルバーのカラフルな6色から選べる(16GBモデルのみ)。

 カラフルな色が揃っているが、ファッションや現代の流行色から厳選したものとなっており、好きな色を選ぶだけでなく、ファッションとのコーディネートもしやすいのも魅力だ。

(次ページに続く、「ハイレゾ再生に関する機能が大幅に強化!」)

前へ 1 2 3 4 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン