このページの本文へ

Office 365ユーザーを対象に

次期Office「Office 2016」、9月23日から利用可能に

2015年09月14日 15時12分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「Office 2016」、日本では9月23日から提供開始

 米Microsoftは現地時間9月10日、Officeの新バージョン「Office 2016」の提供について発表した。Office Premium含むOffice 365のユーザーは、9月22日からOffice 2016を利用できる。

 日本市場においては、9月23日からOffice 2016の提供を開始する。Office PremiumおよびOffice 365 Soloのユーザーはマイアカウントページで、ボリュームライセンス契約者は10月1日からボリュームライセンスサービスセンターでOffice 2016のダウンロードが可能となる。なお個人向けの「Office 2016 永続ライセンス版」の提供開始日については、後日案内するとのこと。

 Office 2016はデータ損失防止機能、多要素認証機能を新たに備えるほか、新プログラムを展開する際などにネットワーク トラフィックの制御をサポートする機能を追加した。マクロやアドインの拡張性モデルは変更せず、既存のカスタマイズとの互換性を維持したという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン