このページの本文へ

社外取引先との会議も容易に、「Polycom RealPresence Web Suite」国内発売

WebRTC対応ブラウザからビデオ会議へ参加可能に、ポリコム

2015年09月02日 09時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ポリコムジャパンは9月1日、同社で初めてWebRTCプロトコル対応ブラウザをサポートした、エンタープライズ向けのビデオ会議ソリューション「Polycom RealPresence Web Suite」の国内販売を開始した。社外の取引先なども含め、招待されたユーザーはどこにいても、PCやタブレットのWebブラウザを通じてビデオ会議に参加できる。

発表会に出席したポリコムジャパン 代表執行役社長の三ツ森隆司氏

ポリコムジャパン 営業技術部 シニアセールスエンジニアの荒井修三氏

 RealPresence Web Suiteは、ポリコムの「Polycom RealPresenceプラットフォーム」の機能を拡張するソフトウェア(仮想アプライアンス)。Webブラウザからビデオ会議/音声会議の主催と参加を可能にし、スライドや画像など複数のコンテンツアップロードと共有、資料へのアノテーションや仮想ホワイトボードへのフリーハンドの書き込み、グループチャットなどの機能も備える。

「Polycom RealPresence Web Suite」はエンタープライズ向けのコミュニケーション環境を提供する。ビデオ会議のほか、参加者による複数コンテンツの共有やアノテーションの同時書き込みなどもサポート

RealPresence Web Suiteは、「Chrome」「Firefox」などのWebRTCプロトコル対応ブラウザであればプラグイン追加なしで接続できる

 参加者は、会議主催者がメールやインスタントメッセンジャー経由で送付する招待状のURLをクリックするだけで、簡単に接続できる。このとき、WebRTC対応ブラウザであればプラグインの追加なしで利用できるので、社外取引先や外出中の社員とのミーティングなども容易に設定、招待ができる。

 また、従来型の同社ビデオ会議システムやマイクロソフトの「Skype for Business(旧Lync)」、SIP端末、電話(公衆回線)からも、RealPresenceプラットフォームを介して同じビデオ会議/音声会議に接続することが可能だ。

RealPresence Web Suiteの利用には、RealPresenceプラットフォームの一部コンポーネントが必要。Web Suite自体は仮想アプライアンスとして提供される

 エンタープライズ向け製品として、高い拡張性やセキュリティ、信頼性を備える。Active Directoryとの統合により、社内ビデオ会議の招待状を簡単に送信できる点も特徴。

 なお、RealPresence Web SuiteにはスタンダードエディションとProエディションがあり、WebRTCサポートやドキュメント共有、アノテーションなどの機能はProエディションのみ。販売はポリコム認定販売代理店経由で、価格はオープン(同時セッション数単位のライセンス)となっている。

Web環境があれば、誰でもビデオ会議に参加できる世界を実現

 今年4月からポリコムジャパン社長を務める三ツ森隆司氏は、発表会冒頭、ポリコムジャパンのビジネス戦略を説明した。

 グローバルで25周年を迎えるポリコムでは、働く場所を問わず人々やチームをつなぐ“未来のワークプレイス”の実現に向け、「テクノロジーの革新」「エンタープライズ向け」「マイクロソフトとの緊密なパートナーシップ」の3つをテーマに、顧客における先進的なビジネスコミュニケーションの実現を支援している。

 今回のWebRTCサポートについても「業界に先駆けて、エンタープライズ向けビデオ会議システムに採用した」と三ツ森氏は語り、今後も先進的テクノロジーを通じて“未来のワークプレイス”実現を支援していくと抱負を述べた。

 また、同社シニアセールスエンジニアの荒井修三氏は、今回の新製品の利用シーンとして「『他社との会議』がキーになる」と説明した。社内だけでなく、取引先との会議も簡単に招集できるため、企業間でも効率的な共同作業が行えるという。 「Web環境があれば、誰でもビデオ会議に参加できるよという世界」をPが提供しようとしている

 「Web環境があれば、誰でもビデオ会議に参加できるという世界を、ポリコムは提供しようとしている。この世界に来ていただければ、ビデオ会議もWeb会議もマイクロソフト(のSkype)も、すべてつながる」(荒井氏)

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ