このページの本文へ

白戸家のお父さん犬も登場

Netflixで監督・品川祐の「火花」ドラマ化実現なるか!?

2015年08月24日 20時05分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月24日、ソフトバンクがインターネット映像配信サービス大手Netflixとの業務提携を発表した(関連記事)。都内でメディア向けの発表会が開催され、コメンテーターのデーブ・スペクターさん、お笑いコンビの品川庄司、モデルのダコタ・ローズさんが登場。

 Netflixは米国でドラマなどのオリジナルコンテンツを制作しており、日本でも独自の番組を制作する予定だ。そこで今回、ゲストがそれぞれNetflixで配信したい番組のアイデアを披露した。

品川さんが打ち出した番組アイデアは「品川監督ドラマ」。「又吉大先生に頼み込んで『火花』をドラマ化させてもらう」という案も飛び出した。

故郷の米国でNetflixを利用していたというダコタ・ローズさん。「ネットを使えない環境でもNetflixの動画が見られるように、ダウンロードレンタルも用意する」というユーザー視点のアイデアを発表した。デーブさんからは「アイデアというか要望ですね」と鋭いツッコミが。

庄司さんは「ミキティ家の食卓」というタイトルで、家庭で自分の立場がなくなっていく様子のドキュメンタリー番組を提案。デーブさんは「実際のミキティ家の食卓を5~10分の番組にすればスポンサーがつきやすいかもしれない」とリアルなアドバイスを送った。

デーブさんのアイデアは、「『火花』の映画化」。まさかの『火花』ネタかぶりに、デーブさんは少々しょんぼりしている様子だった。

CMでおなじみの白戸家のお父さん犬も駆けつけた。庄司さんのことが気になる様子。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン