このページの本文へ

先着20名が11月分まで通信料無料に! 「楽天モバイル 仙台駅前店」オープン

2015年08月21日 20時00分更新

文● ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2015年8月21日、楽天グループの通信サービス会社フュージョン・コミュニケーションズが、“「楽天モバイル」専門ショップ”の2号店として「楽天モバイル 仙台駅前店」をオープンした。場所は、宮城県仙台市青葉区中央1丁目9番33号(さくら野百貨店 仙台店1階 青葉通り側入り口)。店内にはカウンター席を9席設けており、「楽天モバイル」のサービスに関する説明を専門スタッフから受けられるほか、サービスの申し込みが可能。携帯電話ナンバーポータビリティー(MNP)の手続きにも即日対応している。また、展示された最新端末を気軽に手に取って自由に試せる。

「楽天モバイル 仙台駅前店」

カウンター席を9席設けており、「楽天モバイル」のサービスに関する説明を専門スタッフから受けられる

店内では、SIMフリーのスマートフォン「honor6 Plus」「ZenFone 2 Laser」も展示

展示された端末は手に取って自由に試せる

 楽天モバイル 仙台駅前店は、東京都内の「楽天カフェ」2店舗内、宮城県仙台市の「楽天イーグルスグッズショップ」、また全国初の専門ショップ1号店「楽天モバイル 心斎橋店」に続くもの。8月28日には、兵庫県神戸市に専門ショップ3号店の「楽天モバイル 神戸三宮店」が開店予定だ。

 「楽天モバイル 仙台駅前店」開店直前、オープン記念のミニイベントが開催。楽天 代表取締役副社長執行役員 平井康文氏(フュージョン・コミュニケーションズ 代表取締役会長)が開店への意気込みを語った。平井氏は、「仙台は東北の玄関口であり、東北6県の経済・文化の中枢でもある。同時に、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地ということから、楽天グループにとっては第2の故郷ともいえる。仙台で高く評価されることが、東北6県での拡大につながると考えている」とした。

楽天 代表取締役副社長執行役員 平井康文氏(フュージョン・コミュニケーションズ 代表取締役会長)

開店に際し、関係者によるテープカットも行なわれた

ミニイベント終了直後に開店。並んでいたお客さんが早速店内に案内された

 また、「楽天モバイル 仙台駅前店」の内装デザインは、「楽天モバイル 心斎橋店」同様にデザイナーの佐藤可士和氏がクリエイティブディレクターとして監修したという。木目調を生かした落ち着いた内装となっており、ゆったりとくつろげる雰囲気となっている。

木目調を生かした落ち着いた内装となっており、ゆったりとくつろげる。非常に明るい印象だ

ACミラン所属・日本代表プロサッカー選手 本田圭佑氏のユニフォームを店内に展示

8月23日まで!! 「SIMカード 2015年11月まで月額無料」特典

 また楽天モバイル 仙台駅前店では、8月21日から8月23日まで開店を記念した特典を用意している。対象は、同店で楽天モバイルと契約したユーザーのみ。

 ひとつ目は、各日先着20名の2015年11月度分までの月額料金を無料とするもの(通話SIM/データSIMそれぞれ全プラン対象、通話料、オプション料金、SMS通信料、MNP転出料金は特典対象外)。ふたつ目は、楽天モバイルに契約を申し込んだ全員を対象にした抽選を行ない、各日10名に3000円相当がチャージをされたEdy-Rポイントカード、東北楽天ゴールデンイーグルスやヴィッセル神戸など楽天グループ関連のグッズをプレゼントするというものだ。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン