このページの本文へ

入門から応用まで一貫した実践的トレーニング、5年で1000名受講を目指す

NRIセキュアとNEC、共同でセキュリティ人材育成演習を提供

2015年08月21日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NRIセキュアテクノロジーズとNEC、NECマネジメントパートナーの3社は8月20日、情報セキュリティ人材の育成を目的とする研修プログラム「実践!サイバーセキュリティ演習 for Eggs」を共同で販売開始した。5年間で1000名の受講者獲得を目指す。

 同プログラムは、3社がノウハウを有する難易度の異なる研修プログラムを組み合わせたもので、入門から応用まで一貫した実践的なトレーニングを提供するもの。

 標準コース(4日間)では、前半2日間でNRIセキュアの初心者向けプログラムを、後半2日間でNECとNECマネジメントパートナーの実践的プログラムが提供される。前半はセキュリティ知識を座学で学ぶとともに、PCを用いたハンズオン演習を行い、情報セキュリティへの深い理解とスキルを習得する。後半はチーム形式の演習で、具体的なサイバー攻撃への対処方法を学ぶ。さらに、フォレンジック研修を加えた5日間コースもある。

 実践!サイバーセキュリティ演習 for Eggs(4日間コース)の受講費用(税抜)は、1名あたり33万円。フォレンジック研修を加えた同プログラム(5日間コース)は、1名当たり41万円。

 3社では、5年間で1000名の受講者数を目指すとともに、日本と同様にセキュリティ人材が不足しているASEAN諸国にも同プログラムの提供を検討していると述べている。

カテゴリートップへ

ピックアップ