このページの本文へ

「Moto 360」っぽい! 1万円で買える円形ディスプレーの中華スマートウォッチ

2015年08月20日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 モトローラの「Moto 360」を思わせる円形ディスプレーを採用した、中国ZGPAXブランドのスマートウォッチ「S365」が店頭に登場。東映無線ラジオデパート店にて販売が始まっている。価格は9780円ときわめてお手頃。

まるで本物の時計のような、珍しい円形ディスプレー採用のスマートウォッチ「S365」が発売。モトローラ「Moto 360」インスパイアの中華モデルだ

 1万円切りで購入できる、安価なスマートウォッチの新モデル。特徴的な円形ディスプレーを採用する製品で、その名前からもモトローラのMoto 360にインスパイアされたモデルであることが分かる。

 一般的なスマートウォッチ同様にBluetoothでスマートフォンと連携するデバイスで、AndroidとiOSの両方をサポート。通常は時計として使用できるほか、スマートフォンの各種通知の受信、通話発信・着信(電話帳の同期や通話も可能)、リモートカメラ(Androidのみ)などに対応する。

AndroidだけでなくiOSにも対応しており、専用アプリのダウンロードで主要な機能を利用可能。iOSではSiriを呼び出すこともできるぞ

 主要な機能は専用アプリの「BT Swatch」をスマートフォンにインストールすることで使用可能で、アプリには歩数計などのフィットネス機能も搭載。iPhoneなどのiOSデバイスについては、ウォッチ側でSiriを呼び出すこともできる。

 接続インターフェースはBluetooth 4.0(もしくは3.0)で、対応デバイスはAndroid 4.2以上、iOS 7.2以上の端末。バッテリーは320mAhを内蔵し、ショップいわく「丸一日は十分動作すると思われる」とのこと。ただし通信機能やアプリについては保証対象外となるため、購入の際には注意しよう。

物理ボタン1つのみのシンプルな構成で、マイクやスピーカーも搭載。充電には付属のマグネット式ケーブルを使用する

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン