このページの本文へ

iPhoneを有線LANに直結できるMFi認証ケーブル

2015年08月20日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 iPhoneやiPadのLightningコネクターをイーサネット(有線LAN)に変換できる、米Redparkの「Lightning Ethernet Cable」(型番:L2-NET)がアキバ店頭に入荷。Jan-gle秋葉原本店にて販売中だ。

なんとiPhoneやiPadを有線LANに直接接続できる、ありそうでなかった変換ケーブルが登場。他にないアイテムだけに、リリース時は海外でも評判になった製品だ

 これまでありそうでなかった、iPhoneを有線LANに直結できる変換ケーブルが店頭にやってきた。しかもMFi認証を取得した正規品であり、端末の相性やiOSアップデートを気にすることなく使用できる。

 ちなみに本来は、製品修理や電話移設工事といったフィールドサービス業務向けに開発された製品であり、使い道も完全に玄人向け。ケーブルの通信帯域は100Mbpsに対応しているものの、MFi認証取得のため最大5Mbpsに制限されるという。

 さらに独自のネットワークスタックを構成しているため、無線LANと同時利用が可能なものの、使用するには公開中の「RedSocket SDK」を使用してアプリを作る必要がある。

コンバーターを挟んで長さは約2mほど。アップルのMFi認証も取得した正規品で、本来はフィールドサービス業務などに活用することが想定されている

 なお対応機種はiOS 8.0以降で、ケーブル長は7フィート(約2.13m)。Jan-gle秋葉原本店にて1万3800円(税抜)で販売中だ。

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン