このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

高橋暁子の「意外と知らない!? 業界ランキング」第46回

Googleがトップではない国はどこ?

いつの間にか日本もGoogle寡占! 検索エンジンシェア早わかり2015

2015年08月24日 09時00分更新

文● 高橋暁子 編集●ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本では男性・若年齢層でGoogleが健闘

 日本の検索エンジン事情について、さらに詳しく見てみよう。アウンコンサルティング発表によると、日本の検索エンジンシェアはYahoo!JAPANが49%でトップ。続いてGoogleが39%、Bingは3%だ。

 なお前述の通り、Yahoo!JAPANの検索エンジンアルゴリズムはGoogle製だ。全体としては前回とまったく変わっていない。続いて年齢別の利用状況を見てみよう。

 ヴァリューズ調べによると、2015年3月の1ヵ月間で、Yahoo!JAPANとGoogleそれぞれの検索回数を集計したところ、全年代ではYahoo!JAPANが53.8%、Googleが46.2%だった。

ヴァリューズ調べ

 男女別で見ると、男性はYahoo!JAPANとGoogleがそれぞれ約50%ずつ、女性はYahoo!JAPANが61.7%とYahoo!JAPANの割合が高い。年代別で見ると20代ではGoogleが約60%とYahoo!JAPANを上回るが、30代ではほぼ半々に。40代以降はYahoo!JAPANの割合が高くなる。

 つまり女性はYahoo!JAPANを好み、男性は若いほどGoogleの割合が高くなるというわけだ。今後もこの傾向が続くと考えるならば、徐々にGoogleの割合が高くなるかもしれない。

 なお、Google公式ブログによると、米国と日本を含む10ヵ国では、モバイル端末からのGoogle検索が、PCからの検索より多いという。名実ともにモバイルファーストの時代になったということだ。

 ほとんどの国でGoogleはシェアを伸ばし、圧倒的優位を誇っている。Googleは今後さらにシェアを伸ばすと共に、モバイル検索のシェアを盤石にすることに注力するはずだ。そのなかでYahoo!やBingがどこまで対抗できるのか。対するGoogleの動きに注目したい。

著者紹介:高橋暁子

 ITジャーナリスト、コンサルタント。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、企業などのコンサルタント、講演、セミナーなどを手がける。小学校教員、編集者を経て現在に至る。最新刊『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎エデュケーション新書)の他、『ソーシャルメディアを武器にするための10カ条』(マイナビ新書)、『Facebook×Twitterで儲かる会社に変わる本』『図解 一目でわかるITプラットフォーム』(日本実業出版社)、『ネット業界 儲けのカラクリ』(中経出版)など著作多数。http://akiakatsuki.com/ Twitterアカウントは@akiakatsuki

■Amazon.co.jpで購入

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ