このページの本文へ

GIGABYTE「GA-Z170X-Gaming G1」

GIGABYTE製Z170マザーの最高峰「GA-Z170X-Gaming G1」がデビュー!

2015年08月15日 23時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 本日15日にイベントを実施したGIGABYTEから、Z170チップセットを搭載したスーパーハイエンドマザーボード「GA-Z170X-Gaming G1」が登場。販売がスタートした。価格約8万円だ。

Z170チップセットを搭載したスーパーハイエンドマザーボード「GA-Z170X-Gaming G1」

 非常に豊富な機能を搭載する「GA-Z170X-Gaming G1」だが、、他メーカーと異なりインテル製USB3.1コントローラーを採用するのも特徴。PCI Express(3.0) x4接続のため、帯域幅が10Gbpsから32Gbpsまで向上。複数ポートを同時に使用した場合でもUSB3.1のパフォーマンスを引き出すことができる。また、リアパネルのType-CコネクターはUSB 3.1、DisplayPort 1.2、40Gbps Thunderboltとして利用可能だ。

 そのほか、Creative Sound Blaster認証の高級サウンドカードレベルをうたうオンボードオーディオ機能や2基の有線Killer LANと802.11 ac対応の無線タイプのKiller WIFIを搭載し、KILLER DOUBLE SHOT-X3 PROもサポート。拡張スロットには電磁ノイズの防止や重量級カード搭載時のスロット保護に有効なメタルシールド加工のPCI Expressスロットを備える。

拡張スロットには電磁ノイズの防止や重量級カード搭載時のスロット保護に有効なメタルシールド加工を装備。ハイエンドVGAも安心して使用できる

 主なスペックは、拡張スロットがPCI Express(3.0) x16×4(4Way CrossFireと4Way SLI対応)、PCI Express x1×3、PCI×2、M.2スロット×2。メモリースロットはDDR4-DIMM×4(DDR4-3600~2133、最大64GB)。

 オンボードインターフェースとしてギガビットイーサネット(Killer/E2400)×2、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac + Bluetooth v4.1、7.1chサウンド、SATA3.0×10 、SATA Express×3、USB 3.1×2、USB 3.0×11などを装備。I/O部には、グラフィック出力機能としてHDMI、Thunderbolt 3を備える。

 価格は以下の通り。

M.2-U.2変換コネクターのほか、SATA Express接続タイプフロントベイアクセサリーも付属する
価格ショップ
「GA-Z170X-Gaming G1」
¥79,920パソコンショップアーク
ドスパラ パーツ館
BUY MORE秋葉原本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中