このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

夏は自炊だ! おススメ調理家電で料理対決!!第4回

暑いから火を使わずに大学イモを作ってみよう

2015年08月14日 11時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アクティフライで大学芋を作ってみる

アクティフライで火を使わずに大学イモを作ってみよう

 前回のキーマカレーに続き、ティファールの電子調理器「アクティフライ」を利用して火を使わずに大学芋を作ってみたい。

熱風を攪拌してあらゆる料理が作れる
アクティフライ

これがアクティフライ。写真の白のほか、赤もある

中のフライパンは取り外し可能

 アクティフライは熱風による過熱+特殊な構造の羽が絶えず回転することによる撹拌で、ほとんどありとあらゆる料理に対応できる電子調理器だ。カレーやシチュー、スープのような「煮込む」料理にも対応できるのが大きな特徴。

前回アクティフライで作ったキーマカレー

 前回は「炒める」モードでキーマカレーを作り、なかなか品のよい仕上がりに。今回は「煮込む」モードで大学イモに挑戦してみたい。

 ところが、みりんを切らしていることに気付いた。砂糖、しょうゆ、みりんでサツマイモに絡み付く蜜を作るのが大学イモだが、砂糖をすこし多めに入れればなんとかなるんじゃないか? という期待で作りはじめてみた。

大学イモは煮込むモードで調理!

大学イモは煮込むモードで8分調理する

 アクティフライの使い方は、調理方法(焼く、炒める、煮込む)を選択し調理時間をセットするだけと、非常に簡単。サツマイモをカットして水にさらしたのち、時間をレシピ通り8分にセットした。火の通し具合が難しいサツマイモだが、きちんと柔らかくなってくれるだろうか?

サツマイモはあらかじめカットして水にさらしておく

シロップの材料はあらかじめ混ぜて用意しておく

(次ページに続く、「食材によっては様子見が必要かも?」)

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン