このページの本文へ

インプレス、マイナビ、アスキーの記者がヤマハルーターを語る

ヤマハのネットワーク機器20周年サイトでWeb記者座談会掲載

2015年08月07日 09時00分更新

文● 大谷イビサ/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヤマハはネットワーク機器20周年の記念サイト「ネットワーク機器 20th Anniversary」を更新。ASCII.jpの大谷イビサが参加した座談会記事を掲出した。

3社のWebメディア記者による座談会記事を掲出

 座談会記事は、ASCII.jp(KADOKAWA)、ImpressWatch(インプレス)、マイナビニュース(毎日コミュニケーションズ)などのWebメディアの記者が、ヤマハルーターの思い出やインターネットの歴史などを語りあうというもの。ASCII.jpからは1990年代からネットワーク雑誌の編集に携わっていたTECH.ASCII.jpの大谷イビサが参加している。第一部の「ヤマハルーターとメディアの関係」では、Webメディアの記者たちがどのようにヤマハルーターに関わってきたのかを語る。また、先日公開された第二部の「ハードウェアとソフトウェアについて」では、ヤマハルーターの設計思想や興味深い機能についてディープに語る内容になっている。

カテゴリートップへ

ピックアップ