このページの本文へ

CAFE EUROで開催された前夜祭の様子をレポート

まさかの戦車型PCから野中藍さんのコスプレまで! DSP版Windows 10前夜祭

2015年08月01日 06時30分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
秋葉原のCAFE EUROでDSP版Windows 10発売の前夜祭イベントが開催
自作PC応援キャラクターの名前も決定! なのだが、実は最終セッションの発表前にネタバレされていた

 8月1日(土)0時に解禁となった「DSP版 Windows 10」。この記事では、販売開始に先駆け、秋葉原のCAFE EUROで開催されたWindows Navi+ 事務局による前夜祭イベントの様子をレポートする(深夜販売の様子はこちら)。

ライター高橋敏也氏はNUCを使った自作PCを披露。何が出てくるかと思いきや……
「Windows 10といえば10式戦車」(?)ということでまさかの戦車PCが登場。今年中の一般販売も企画しているそうだが、「いくらになるかは分からない。ボーナスは取っておいて」とのこと

 イベントでは5つのセッションを実施。第1セッションではテクニカルライターの高橋敏也氏が、DSP版Windows 10を使用した自作PC「10(ヒトマル)式戦車PC」を披露した。NUCのマザーを取り外し、DMM.make AKIBAの協力のもと制作した10式戦車の精巧なモデルに装着するというキワモノだが、なんと一般販売まで企画しているとのこと。会場に持ち込まれたのは彩色されていない試作モデルだが、「9月頃までには稼働する完成品を作りたい」とのことだった。

メディア3誌のセッションには週アスのジサトライッペイも登場。Windows 10で一番感動したのは「仮想デスクトップ」と発言すると、全員深くうなずく

 第2セッションは、週刊アスキーのジサトライッペイ、DOS/V Power Report編集長の佐々木修司氏、日経WinPC編集長の岡地伸晃氏の3名によるWindows 10の魅力を語るセッション。Windows 10で実装された仮想デスクトップやDirectX 12などの注目ポイントから、NVMe SSDなどの自作市場で熱いパーツ、どんなWindows 10マシンを作りたいかに至るまで、短い時間ながらも濃密なセッションが繰り広げられた。

World of TanksはWindows 10正式対応はまだだが、ちゃんと遊べるとのこと。劇場版ガールズ&パンツァーとの新コラボロゴも
「砲弾をちゃんと握りこぶしで装填してるんですよ!」とガルパンの描写の解説に熱くなる高橋氏

 第3セッションはウォーゲーミングジャパンの川島康弘氏が登壇しての「World of Tanks」関連セッション。現在Windows 10に正式対応していないWorld of Tanksだが、川島氏は「対応は急ピッチで進めている」とし、DSP版の初回特典として10種類のゲーム内アイテムが手に入る招待コードが付属することも明らかにされた。また、第4セッションではバンダイビジュアルの杉山潔氏が参加し、アニメ「ガールズ&パンツァー」とのコラボについても話を展開。モデレーターとして「ガルパン大好き」を公言する高橋氏が混じっての濃いトークを展開するなど、会場を盛り上げた。

自作応援キャラクターは「窓辺とうこ」に決定
声優を務める野中藍さんは気合の入ったコスプレ姿で登場
写真を撮られてひたすら恥ずかしがる野中さん

 最終セッションでは、DSP版Windows 10自作応援キャラクターの名前が決定。5000通を超える一般応募の中から、「10」をもじった「窓辺とうこ」が正式に選ばれた。

 また、声優を務めた野中藍さんが窓辺とうこのコスプレ姿で登場し、その場で自己紹介を披露した。普段あまりPCに触らないという野中さんは、「テクノロジーリテラシー」などの用語をちゃんと喋るのが大変だった、とアフレコの苦労を語った。最後は「キャラクター設定については固まっていないところも多いですが、これからよろしくお願いします」とコメントし、イベントは大盛況のまま幕を下ろした。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中