このページの本文へ

2Kディスプレー搭載のASUS新型タブレット「ZenPad S 8.0」

2015年07月23日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 高解像度ディスプレーを搭載した、ASUSの8型Androidタブレット「ZenPad S 8.0」(型番:Z580C)がJan-gle各店に入荷。価格は4万6224円だ。

ASUSから発売された新型の8型Androidタブ「ZenPad S 8.0」が登場。ブラックモデルの店頭販売が始まった。2K解像度の高精細ディスプレーを搭載している

 6月の「COMPUTEX」にてASUSから発表された、8型サイズのAndroidタブレット新モデル。1536×2048ドットの高精細なIPS液晶を搭載した端末で、バーチャルサラウンド「DTS HD Premium Sound」に対応したデュアルフロントスピーカーを採用するなど、マルチメディア向け機能が充実している。

 プロセッサーはクアッドコア動作のIntel Atom Z3530、メモリー2GB、ストレージ32GBを実装。フロント200万画素/リア500万画素のカメラを備えるほか、ネットワークはBluetooth 4.1、無線LANをサポート。OSはAndroid 5.0を搭載、UIにはASUS独自の「ZenUI」が採用されている。

入荷したのは、クアッドコアAtomに2GBメモリーを搭載する下位モデルの「Z580C」。美麗な液晶に加え、バーチャルサラウンド対応のステレオスピーカーなどマルチメディア用途に優れている

 なおZenPad S 8.0シリーズには、Atom Z3580や4GBメモリー、手書き入力などに対応した「Z580CA」(未発売)もラインナップ。今回入荷したのはその下位モデルになる。

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン