このページの本文へ

激レア!Ubuntu搭載スマホ「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」

2015年07月23日 11時30分更新

文● 鈴鹿 廻

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 LinuxベースのUbuntu OS搭載する、スペインBQの4.5型スマートフォン「Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」が店頭に初登場。状態は中古品で、イオシス アキバ中央通店にて販売中だ。

第3のモバイル向けOSとしても注目されている、Ubuntu OS搭載のスマホが店頭にやってきた。中古品の一品物という激レア品、早期の売り切れは必至だ

 Aquaris E4.5 Ubuntu Editionは、今年2月にスペインのBQから発売された初のUbuntu搭載スマートフォン。iOSやAndroidに続く新しいモバイル向けOSとして注目され、発売時のフラッシュセールでは即完売と、世界中から注目を集めていた。

 搭載OSのバージョンはUbuntu 14.10(r22)で、フリックによる操作で左側にランチャーが表示される独特のUIを採用。Ubuntu Storeから追加でアプリをダウンロードすることもできる。

フリックでランチャーを呼び出す独特のUI。入荷したのはブラックモデルで、背面には800万画素のカメラも搭載している

 同じくBQから発売されている、Androidスマートフォン「Aquaris E4.5」のUbuntu版といったスペックで、540×960ドットの4.5型IPS液晶、MediaTek製クアッドコアCPU(1.3GHz)、メモリー1GB、ストレージ8GBなどを内蔵。ネットワークはBluetooth 4.0、無線LANをサポート。HSPA+ 900/2100MHz、GSM 850/900/1800/1900MHzの通信方式に対応した3Gスマートフォンで、microSIMスロットを2基備える。

 イオシス アキバ中央通店にて、店頭価格1万9800円で販売中だ。

スペック的にはAndroidスマホ「Aquaris E4.5」のUbuntu版そのもので、ミドルレンジ級の端末だ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン