このページの本文へ

最大120W出力、重低音重視の2.1chスピーカーがロジクールから

2015年07月21日 19時16分更新

文● オオタ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ロジクールは、最大出力120Wの2.1chスピーカー「ロジクール マルチメディア スピーカー Z533」を7月30日から発売する。価格はオープンプライスで、ロジクール オンラインストアでは1万4450円で販売される。

 66mmのサテライトスピーカーと、133mmのサブウーファーからなる2.1chスピーカー。定格出力はサテライトスピーカーが15W×2、サブウーファーは30Wの計60Wで最大で120Wまで出力できる。

サテライトスピーカーサブウーファー
コントロールポッド

 入力端子はRCAピンジャックと3.5mmステレオミニプラグ。ボリュームなどを手元で調節できる有線のコントロールポッドにも外部入力とヘッドフォン出力用の3.5mmステレオミニプラグを備える。電源はACでアダプターは内蔵されている。

サブウーファー背面に入力端子を備える

 サイズと重量はサテライトスピーカーは幅100mm×奥行き85mm×高さ170mmで1050g(両サテライト合計)。サブウーファーが幅255mm×奥行き195mm×高さ265mmで4kg。コントロールポッドは幅72mm×奥行き72mm×高さ55mmで200g。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン