このページの本文へ

上海問屋「MP3変換機能搭載 カセットプレーヤー」

カセットテープの音源をMP3ファイルに変換できるカセットプレーヤー

2015年07月18日 22時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カセットテープに詰まった思い出の音楽を、MP3ファイルへと変換できるプレーヤー「MP3変換機能搭載 カセットプレーヤー」(型番:DN-12808)が上海問屋から登場。ドスパラ パーツ館で販売中だ。

カセットテープの音楽をMP3ファイルへと変換できるプレーヤー「MP3変換機能搭載 カセットプレーヤー」

 「MP3変換機能搭載 カセットプレーヤー」は、カセットテープの音をMicroSDカードに直接保存できるプレーヤー。操作は簡単で、PCを使用せずに利用できる。カセットテープがダメになってしまう前に、劣化のないデジタルデータとして残しておけるというワケだ。電源はUSB給電のhかに、単三形乾電池(2本)にも対応。変換したMP3の音楽を聴くポータブルプレーヤーとしても使用できる。

 製品には、USB給電ケーブルとイヤホン、日本語マニュアルが付属する。価格は2777円だ。

カセットテープがダメになってしまう前に、劣化のないデジタルデータとして残しておける

【取材協力】

カテゴリートップへ

関連サイト
コンテンツ