このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

即課金決定!? 「Apple Music」はメタル天国だ!!

2015年07月06日 11時00分更新

文● 林佑樹、編集●ハイサイ比嘉/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

洋楽派の満足度は高いかも - メタル方面がかなり充実

 邦楽はなかなか厳しい状態で、筆者としては、筋肉少女帯(特撮も)と妖精帝國(アルバムはすべて持っている)がなかったため、悲しみを背負っていた。

この有様である

さらに電気式華憐音楽集団もないし

 その一方で洋楽は充実しており、サントラが意外にある点もナイスといえるだろう。しかも、筆者が特に愛してやまないメタル方面まで充実しており、まずないだろうと思っていたフラメンコメタルバンド「Flametal」も発見した(邦楽に関する不満として呪詛を散りばめるつもりだったが、一気に平和的な原稿にせざるをえなくなった)。メタル住民にはお約束である「日本版のみボーナストラック」がほとんどないのが、やや悲しい部分だろうか。

洋画のサントラはかなりヒットするし、B級やC級のものも出てくる。たとえば、一部で話題のサメ映画「Super Shark」のサントラがあった。ただ強烈なインパクトしかないエンディングテーマは未収録……というか、音源化されていないようだ

 登録されているアーティストによって課金するかどうか決めるという方は多いはずだが、今のところ無料体験期間なので、しれっと「この曲はイイよ」「このバンドはイイよ」とユーザー同士でオススメしやすい。お金がかからないのでユーザー体験としてもいいはずだ。

 ということで、以下はメタル中心の紹介コーナーとしたい(編註:削除すると、とてもいじけそうだったので掲載しておきます)。

「Flametal」。フラメンコ×メタル。ゲームミュージックっぽいので聴きやすく、ノリノリになれるので大変オススメ

「Kalevala」はロシアのフォークメタル。ディスクユニオンで発見失敗とかよくあったので、ぜひ。森メタルとか言われているが(というか、だいたい森とか城だとか飛行機だとか海岸とかでのPVがメタル系のお約束ではある)、民族音楽の混じり具合がいい

「Van Canto」はアカペラメタル。5人のヴォーカルとドラムの構成。やたらとレベルが高い。聴け

ヴァイキングメタルの「TYR」(ティア。正しい表記はyの上に点(アキュート・アクセント)が入る)。ストロングでドラマティック。もひょーとテンションを高めたいときに大変よろしい

フィンランド産歌舞伎デスメタルの「Whispered」。和楽器の取り入れだけでなく、日本のアニメやゲームのカヴァーも。Apple Musicにはないけど、とりあえず、Sakura OmenはiTunes Storeで買っておこう。日本好きすぎである。でもカヴァーはCDのみのお約束だ

ハンガリー産ペイガンメタルコア、「Niburta」。どちらもガチに取り入れているため、それゆえにカオスだが、そこがいい

イスラエル産プログレメタル「Orphaned Land」。とってもオリエンタルで曲もステキ。Apple Musicでステーション再生をしていたら遭遇したわけだが

フィンランド産ポルカデスメタル「FINNTROLL」。バグパイプがいい感じ。TrollhammarenとかKyrkovisanから聴いてみよう。筆者イチオシ

「Korpiklaani」はフィンランド産フォークメタル。アルバム「Karkelo」はお酒を飲むときに必須。あとPVが基本的にネタの宝庫。Apple Musicでも一部視聴可能だ

※お詫びと訂正:記事掲載当初、「FINNTROLL」用画像と「Korpiklaani」用画像を逆に掲載しておりました。正しい配置に訂正し、お詫びいたします。

国産プログレメタルの「Alhambra」。NHKのおねーさんみたいなVo.に多大なギャップを与えるハイレベルなプログレとの高次元融合である

「HYDRIA」はブラジリアン・シンフォニック・メタル。女性Voでストレートに聴きやすいのでエントリーにオススメ

スロベニア産フォークメタル、「Avven」。民族音楽要素強め。わりとストロング(ないだろうと思っていたら、検索してヒットした)

「Tengger Cavalry」は中国産フォークメタル。もりもりと織り込まれる中国系楽器サウンド・音階が妙にクセになる

 プレイリストの共有もできるので、試しに今回紹介したバンドで作成してみた(https://itunes.apple.com/jp/playlist/ji-shi-yongtesuto/idpl.bb5a6268640542509a4fd63b8be6a341)。この作業の際、プレイリストに追加しても登録されない現象が多発したのだが、何が原因かは不明。「オフラインで再生可能にする」を実行したほうが安定している印象。マイミュージックに追加せず、プレイリスト入りにしようとした場合に失敗しやすいようだ。

上記のプレイリストをiTunesで表示してみたもの。Sakura OmenはiTunes Storeのみなのでグレーアウトしている

iOS 8.3以前で表示しようとすると、アップデートを促される

 と、趣味炸裂に紹介してきたが、気に入った楽曲があったらステーションを開始してみると、さらに似たジャンルの楽曲を発見したりするので、作業がてらにラジオ的に接するにもいい。はじめは、シンフォニックメタルあたりが聴きやすいと思うのだが、Rhapsody of Fireからがいいだろうか(鉄板だ)。またヒロイック方面であれば、TURISASでもいいだろう。

洋楽派にはオススメだが、使い勝手次第

 そんな感じで、邦楽についてはジャンル次第な感はあるが、洋楽については実にいい。再生することでアーティストに対価がどう支払われるのか不透明な部分は多いが、気に入ったらiTunes Storeで購入するか、CDを入手するなどのアクションはしておきたいところ。

 ともあれ、現在は無料で試せるため、その間に継続して課金するかどうかを考えるといいだろう。筆者としては、メタルやサウンドトラックが豊富なので、とりあえず年内はのほほんと課金するつもりだ。

 ただし、わかりにくいインターフェースとなっている部分が多いため、大いに改善を望みたいところ。その点で進展がない場合は、使い勝手がいい他のサービスにシフトする可能性がある。


前へ 1 2 3 4 次へ

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中