このページの本文へ

国内人気アーティストの楽曲も聴き放題

Apple Music、日本でも月額980円でサービス開始

2015年07月01日 01時37分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apple Musicが日本でもサービス開始

 アップルは7月1日、音楽ストリーミングサービス「Apple Music」のサービスを全世界で開始した。これまで日本国内の提供時期は不明だったが、すでにサービスが開始されている。

 料金は個人向けが月額980円(米国は9.99ドル)で、家族6人で共有できるファミリープランが月額1480円。現在は3ヵ月の無料トライアル期間を設けており、サービス期間中は登録されている膨大な楽曲を無制限に再生可能となる。iOS、OS X、Windowsをサポートし、AndroidおよびApple TV版は今秋の公開を予定している。MacやWindowsではiTunesから利用可能で、iOSデバイスでは同日リリースされたOSの最新バージョン「iOS 8.4」にアップグレードすることで利用できる。

 気になる登録楽曲だが、いきものがかり、椎名林檎、AKB48、ゲスの極み乙女。など、日本国内の人気アーティストの楽曲も含まれているようだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中