このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

使いやすくなった! 「Windows 10」プレビュー版特集

Windows 10、完成に向かってラストスパートか、混乱か

2015年07月04日 15時00分更新

文● 西牧/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月29日から7月3日にかけて、米マイクロソフトが立て続けにWindows 10プレビュー版の最新ビルドを公開した。

 最初に公開された「Build 10158」では、ブラウザー名が「Edge」になった。これにより「Project Spartan」は消えたことになる。そのほかCortanaや写真アプリの機能強化など、全般的な改良が加えられている。

 翌日には「Build 10159」を公開。300以上の修正に加え、ひとつの「興味深い変更」を追加したという。この興味深い変更というのは壁紙とログイン画面の変更のこと。壁紙についてはメイキング映像も公開されており、実際に光の当たっている窓を撮影していることがわかる。

 そして米国時間7月2日には「Build 10162」を公開した。詳細な情報は明らかになっていないが、安定性/性能/バッテリー駆動時間/互換性が向上しているという。

 7月29日の提供に向けて大きな開発はないため、ペースが早まっているというのが現状の理解だ。

29日に受け取るならInsider Programに参加した方がいい

 7月3日にWindows 10のリリース計画が明らかになった。まずは「Windows Insider Program」参加者向けに提供される。その後Windows 10を予約した一般ユーザー、予約していない一般ユーザーに提供されていくという。

 マイクロソフトブログの説明を読む限りでは、段階的にリリースされていくので、全ユーザーが29日に利用できない可能性がある。

 また、Windows 7/Windows 8.1であっても最新アップデートを適用していないと、Windows 10にアップグレードできない。最新アップデートではない場合は、アップグレードするために必要なことが通知されるという。

 29日にWindows 10にアップグレードしたいと思っているのであれば、Windows Insider Programに参加しておくのが無難だろう。

 そのほか、これまでの関連情報やTipsなどは次ページを参照してほしい。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン