このページの本文へ

リモートサイトのDBとのデータ同期機能、ビッグデータ関連機能など強化

SAP HANAの最新サービスパック「SPS10」リリース

2015年07月03日 06時00分更新

文● 大塚昭彦/TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 SAPジャパンは7月2日、インメモリプラットフォーム「SAP HANA」の最新版サービスパック(SAP HANA SPS10)の提供を開始した。IoT向けのリモートデータ同期機能、ビッグデータ環境のデータアクセス/管理の合理化、可用性の向上といった特徴がある。

Webベースの管理画面「SAP HANA Cockpit」

 リモートデータ同期機能は、遠隔地のシステムに組み込まれた「SAP SQL Anywhereスイート」を利用して、データセンターのHANAとリモートロケーションの間でデータ同期を可能にする。これを活用することで、たとえば小売店やレストランなどのリモート環境において、エンタープライズデータの取り込みやアクセス、HANAへのフィードバックを行うモバイルアプリを開発できる。また、船舶や鉱山といった低帯域幅接続やオフラインになりがちな場所からのIoTデータの収集や分析も実行できる。

リモートサイトのSQL Anywhereとのデータ同期機能が追加された

 ビッグデータ関連機能も強化された。Apache Sparkの「Spark SQL」との高速なデータのやり取り、HANAと同一のインタフェースを使ったHadoopクラスタの管理、ルールベースのストレージ階層管理機能などがある。

 また高可用性や耐障害性の面でも、1対nの非同期レプリケーション、ダイナミックティアリングの自動ホストフェイルオーバー、増分バックアップといった機能が追加されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ