このページの本文へ

ルーカスフィルム監修のオリジナルステージも用意

え、家庭用!? 456万円でスター・ウォーズのドーム型アーケードゲームが買える!

2015年06月18日 18時32分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション」

 バイダイナムコエンターテインメントは6月18日、映画「スター・ウォーズ」の世界観を自宅で楽しめるアーケード用ドリームスクリーン型シューティングゲーム「スター・ウォーズ:バトル ポッド/スタンダード・エディション」の予約受付を、公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」で開始した。価格は、国内送料・設置費用込で456万円で、8月に発送予定。

 本製品はドームスクリーン型を採用し、スター・ウォーズの世界観に入り込んだような臨場感や浮遊感を全身で体験できるというアトラクションタイプのシューティングゲーム。スター・ウォーズ エピソード4~6に登場する激戦を再現した4つのステージと、ルーカスフィルム監修のもと制作した、ダース・ベイダーとなって戦うことが可能なオリジナルステージを収録している。

 また、操作に合わせたレバー・シートの振動や送風、背後から流れる5.1chサラウンドの効果音などの体感ギミックも搭載。今後、ステージ追加のアップデートも予定している。サイズはおよそ幅1880×奥行1700×高さ2400mmで、重さは約375kg。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ