このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

東京・六本木ヒルズの東京シティビュー内スカイギャラリーで6月28日まで開催

ファン必見の「スター・ウォーズ展」が開催、劇中の道具やアート作品を展示

2015年04月29日 20時08分更新

文● 八尋/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4月29日より、「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」が開催

 4月29日から、東京・六本木ヒルズの東京シティビュー内スカイギャラリーで「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」(以下、スター・ウォーズ展)が開催された。

スター・ウォーズファン必見の展示の数々!

入ってすぐのエントランスでは、ダース・ベイダーがお出迎え
頭上には「デス・スター」が!

 スター・ウォーズ展は、「スター・ウォーズの原点」「フォースの光と闇」「戦いと兵器」「サーガと運命の肖像」「銀河と生態系」「ドロイドが見たサーガ」というコーナーに分かれている。ジョージ・ルーカス氏が選りすぐった、アーティストが手掛けた世界初公開のおよそ60点の展示や、シリーズ6作品の中で実際に使用されたコンセプトアートや衣装、小道具などおよそ100点を展示している。

スター・ウォーズの原点となったアート作品を展示

スター・ウォーズの原点

 ジョージ・ルーカス氏は、スター・ウォーズを構想するにあたり、神話学の伝統的なストーリーテリングや「フラッシュ・ゴードン」の宇宙冒険活劇、映画監督として敬愛する黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」などの登場人物からインスピレーションを得て“全く新しい宇宙”を創造。また、地球に帰還したアポロ宇宙船を見て、新品の宇宙でなくリアルな“中古の宇宙”を描くようデザイナー人に依頼したとされている。スター・ウォーズの原点では、そんな原点を象徴するアート作品を展示している。

スター・ウォーズの原点がどのようにして創造されたのかが分かる黒澤明監督の作品「隠し砦の三悪人」などの資料が展示されている

撮影で実際に使われたライトセーバーが!

映画で実際に使われたライトセーバーが展示されている(レプリカも展示)

 フォースの光と闇では、実際に映画で使用されたライトセーバーや、フォースをテーマとしたアート作品が展示されている。登場人物によって形が違うライトセーバーの形をじっくり見ることができる。そのほか、ジェダイ聖堂の模型や、ヨーダの胸像なども展示されている。

ダース・モールも
ジェダイ聖堂の模型ヨーダの胸像

スター・ウォーズで巻き起こった戦争の数々をダイジェスト映像と共に展示

 戦いと兵器では、作品上で巻き起こった戦いの歴史を、ダイジェスト映像や模型などで展示。また、「スノートルーパー」や「ストームトルーパー」、「サンドトルーパー」など、クローン・トルーパーの様々な種類のフィギュアも展示してある。

作品内で起こった戦争のダイジェスト映像と模型を展示
「サンドトルーパー」や「ストームトルーパー」など、様々な種類のクローン・トルーパーのフィギュアを展示

(次ページ「ダース・ベイダーのマスクや衣装など多数展示!」へ続く

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ