このページの本文へ

ビームフォーミングやNAS機能など最先端技術を盛り込んだ次世代ルーター

大型可動アンテナ搭載11ac 4×4対応Wi-Fiルーター

2015年06月03日 15時49分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

WXR-2533DHP

 バッファローは6月3日、IEEE 802.11ac 4ストリーム(4×4)通信に対応し、大型可動式アンテナを搭載したWi-Fiルーター「WXR-2533DHP」を発表。6月中旬に発売する。

 最新無線LAN規格11ac 4×4に対応して同時4帯域を使用、実効スループット約1258Mbps(理論値)の無線通信を実現。大型の4本可動アンテナは屋内の電波の届きにくい場所でも安定した通信が可能とする。

横置きにも対応 

 アンテナを最適な間隔で配置することで電波干渉を抑えて飛距離・通信速度を向上。CPUに1.4GHzデュアルコアを採用して内部処理を高速化、5GHz用と2.4GHz用に補助チップを搭載することで2種の電波を同時に高速処理し、高スループットを維持する。また、大型ヒートシンクを内蔵し高速処理による熱を効果的に排気している。

前面および背面 

 スマホの位置に合わせてビーム強度を変えて通信速度を維持するビームフォーミング、最大3台まで通信速度を落とさず処理できるMUーMIMO機能、HDDを2台までUSB端子に接続してNASとして利用できる機能などを搭載。有線LANはIEEE 802.3ab(1000BASE-T)/IEEE 802.3u(100BASE-TX)/IEEE 802.3(10BASE-T)の1ポート、ハブ機能は4ポート。本体サイズは幅316×奥行き57×高さ161mm、重量約900g。価格は3万1104円。

■Amazon.co.jpで購入

初出時、一部仕様に誤りがございました。訂正し、お詫びします。(2015年06月16日)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン