このページの本文へ

若干の防水ボディ性能を持つボディ、これは案外いいかもしれない

マーカーを身に付けて投げ上げるだけ、操縦不要な自分撮りドローン「Lily」

2015年05月13日 19時08分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Lily

 米Lily Robotics Incは操縦不要でユーザーの動きに追従する自律空撮ドローン「Lily」を発表、プレオーダーを開始した。

電源を入れたら投げ上げるだけで自分の動きに追従、エクストリームスポーツなどの撮影に便利

 4ローターを備えるマルチコプター(クアッドコプター)で、ラジコン機のように操縦する必要はなく、ユーザーが持つマーカーに向けての一定の距離をとって追従、撮影する自撮りドローン。スマホによる操作で、撮影位置や高度を設定でき、高さは1.75~15mの範囲で飛行、飛行速度は最高速度40km/h。

折りたたみ式プロペラを採用する。ボディは密閉式で生活防水程度の防水性を持ち、水に落ちてもすぐに引き上げれば大丈夫という 

 3軸ジャイロのほかGPS、撮影用のカメラ以外の底面カメラ装備して安定飛行を図る。カメラは1080p/60fpsなどの映像を撮影で、94度の広角レンズ。折りたたみ式プロペラを装備しておりプロペラをたたんだ状態では幅26.1×奥行き26.1×高さ8.18cmとコンパクト。バッテリーは約20分の飛行が可能。

ユーザーが身に付けるマーカーに向け、一定距離をとって追従飛行する。この種のチェイスタイプのドローンはマーカーに内蔵されたGPS情報を機体に通知、ドローンは機体のGPSとの位置の差から追尾するのが一般的

 現在プレオーダー中で、販売価格は999ドルのところ割り引き価格として499ドルとなっている。日本からも注文でき、送料は30ドルが設定されている。ラジコンと違って操縦電波を用いないが、ユーザー側のマーカー(GPS位置情報をドローン側に送信する)から送信していると考えられ、技術基準適合証明(技適)から日本で利用すると電波法違反になる可能性がある。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン