このページの本文へ

バランス接続対応機含む3機種、5モデル

シンガポール発の高級イヤフォン「DITA」、国内販売決まる

2015年05月08日 19時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Answer(スモーキープラチナ)

 アユートは5月8日、国内の正規代理店としてイヤフォンブランド「DITA」製品の取扱いを開始すると発表した。

 現時点で取扱いが決まっている製品は「Answer(スモーキープラチナ)」「Answer Truth(サテンブラック)」および、アキハバラe市場、e☆イヤホン、フジヤエービック限定販売となる「Answer Truth(マットゴールド)」「Answer Truth Balanced(サテンブラック)」「Answer Truth Balanced(マットゴールド)」の計5機種。

Answer Truth(サテンブラック)

 価格はオープンプライスで、実売価格はAnswer(スモーキープラチナ)が7万8000円前後、Answer Truth(サテンブラック)が11万7000円前後、Answer Truth(マットゴールド)が10万8000円前後、Answer Truth Balanced(サテンブラック)が15万8000円前後、Answer Truth Balanced(マットゴールド)が16万2000円前後になる見込み。

 DITAはほとんどのパーツを独自開発し、「最高の品質と美しさを兼ね備えたイヤフォンを生み出す」「真実への答えを見つけ出す」というコンセプトで製品作りを続けるシンガポールのイヤフォンブランド。

 今回取り扱いが発表されたAnswerは、共振を抑える設計にしたアルミ製の筐体や、「elegant simplicity,ultimate purity」というデザイン哲学にしたがい、あえてマルチWayにせず、独自設計の10mmシングルドライバーを採用するなど、随所にこだわりの見られる製品だ。

Answer Truth Balanced(マットゴールド)

 Answer TruthはAnswerをさらにブラッシュアップするという意図で設計された製品で、ケーブルメーカーのVan den Hulと協業して開発した「The Truth」というケーブルが特徴。Answerよりさらにクリアで広いレンジで音源を再生するという。

 Answer Truth Balancedは2.5mmの4極プラグを採用し、Answer Truthをバランス接続に対応させたモデル。アユートの取り扱うAKシリーズからのバランス接続も可能だ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン