このページの本文へ

マウスコンピューター「MS-PS01F」

MCJのスティック型PC「m-Stick」シリーズ初のファン内蔵モデルが発売

2015年05月02日 22時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マウスコンピューターのスティック型PC「m-Stick」シリーズ初の冷却ファン内蔵モデル「MS-PS01F」が、BUY MORE秋葉原本店で発売中だ。

マウスコンピューターのスティック型PC「m-Stick」シリーズ初の冷却ファン内蔵モデル「MS-PS01F」

 「MS-PS01F」は、サイズが125(W)×37.6(D)×14(H)mm、重量約61gという小型のスティックPC。マイクロファンを搭載したことで、従来モデルに比べて筐体サイズはやや大型化したが、冷却性能の強化により、高負荷・高温環境下におけるパフォーマンスが向上したという。

 主なスペックはCPUが「Atom Z3735F」(4コア/1.33GHz/2MBスマートキャッシュ)で、メモリーはDDR3L 2GB(オンボード/最大2GB)、ストレージは32GB eMMCを標準装備。インターフェースはUSB 2.0×1、HDMI×1、microSD(SDHC/SDCX対応)×1を備え、ネットワークはIEEE 802.11b/g/n無線LANとBluetooth 4.0に対応。OSはWindows 8.1 with Bing 32bit版がプリインストールする。

 価格は1万9260円(税抜)。取材時での在庫はわずかで、売り切れ目前となっていた。

従来モデルに比べて筐体サイズはやや大型化したが、それでもサイズは125(W)×37.6(D)×14(H)mm、重量は約61gとコンパクト

【取材協力】

カテゴリートップへ