このページの本文へ

「ISSは臭い」と表現した宇宙飛行士もいるほど長期間にわたる閉鎖環境、健康維持は重要だ

宇宙飛行士の健康を見守るシャープ製微生物センサー

2015年04月24日 19時01分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
BM-300C

 シャープは4月24日、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」用として、同社製微生物センサー「BM-300C」3台をJAXAに納入したと発表した。

 BM-300Cは、周囲の空気を吸入して微生物を抽出、蛍光検出法によって微生物量を約10分で自動計測する装置で、連続計測にも対応する。微小重力のISSでも動作するにように改良したものを納入した。

「きぼう」日本実験棟(提供:JAXA/NASA)

 ISSでは閉鎖された環境に複数の宇宙飛行士が長期滞在しており、宇宙飛行士の健康維持を考えると空中を漂う病原体など微生物の存在をリアルタイムでモニタリングすることは非常に重要となる。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン