このページの本文へ

NETFLIXに対応する「AQUOS 4K」登場! 新エンジンで番組表も4K!!

2015年04月16日 13時30分更新

文● ハシモト/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AQUOS 4K US30シリーズ
AQUOS 4K US30シリーズ

 シャープは16日、4K液晶テレビ「AQUOS 4K」2シリーズを発表した。すべて6月30日発売予定。

 上位モデルの「US30」シリーズは、60V型の「LC-60US30」(予想実売価格38万円前後)と52V型の「LC-52US30」(同32万5000円前後)を投入。国内生産モデルとなる。

U30シリーズ
U30シリーズ

 普及モデルの「U30」シリーズは、58V型の「LC-58U30」(予想実売価格35万5000円前後)、55V型の「LC-55U30」(同32万5000円前後)、50V型の「LC-50U30」(同27万円前後)、40V型の「LC-40U30」(同21万5000円前後)を用意。生産は中国となる。

処理性能が向上した「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」 処理性能が向上した「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」

 全機種とも画像処理エンジンに新しい「AQUOS 4K-Master Engine PRO II」を採用。映像ノイズを抑えてコントラスト感を高める「4Kアクティブコンディショナー」や、より精細感を高めた4Kアップコンバート機能を搭載。

広色域技術「リッチカラーテクノロジー」を搭載。BT.2020の入力にも対応する信号モードを搭載

 また、4K放送規格の色域である「BT.2020」信号を最適に変換する6軸カラーマネージメント機能も搭載する。

 さらに、従来別パーツとして搭載していたHEVCデコーダーを画像処理エンジンに内蔵。処理能力も向上しており、電子番組表が4K解像度になったほか、ウェブブラウザーも4K解像度に対応している。

2つの層で外交の反射を抑える「N-Black」パネル 2つの層で外交の反射を抑える「N-Black」パネル
右がN-Blackパネル搭載機。黒が締まって見える
右がN-Blackパネル搭載機。黒が締まって見える

 US30は3D表示や4Kでの倍属駆動に対応。液晶パネルには、外光の反射を低く抑えられる「N-Black」を採用する。また、2.1chスピーカーを搭載し、左右にフルレンジスピーカーを、背面にサブウーファーを内蔵する。

US30は2.1chのスピーカーを内蔵する US30は2.1chのスピーカーを内蔵する

 U30の液晶パネルはN-Blackではなく、3D表示には対応しない。4K倍速駆動は58V型のみが可能だ。スピーカーはバスレフ式のスピーカーボックスを搭載する。

リモコン中央には「NETFLIX」の文字が! リモコン中央には「NETFLIX」の文字が!

 このほか、全機種ともひかりTV 4Kに対応するほか、2015年秋に日本でサービスが開始される予定の「NETFLIX」にも対応する。

US30のスタンドは復活希望の声が多かったというスイーベル式。左右40度の角度調整ができる

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン