このページの本文へ

ついに40V~50V型モデルを投入したシャープ「4K AQUOS」

2014年08月05日 11時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
40V型と50V型の「AQUOS U20」シリーズ

40V型と50V型の「AQUOS U20」シリーズ

 本日シャープから発表された4K液晶テレビ「AQUOS U20」(9月10日発売予定)は、同社では初となる4K解像度の中小型モデルだ。

 50V型の「LC-50U20」(予想実売価格32万5000円前後)と40V型の「LC-40U20」(同25万円前後)の2機種を用意。4Kテレビとして比較的買いやすい価格となっている。

録画用のUSB端子やMHLに対応するHDMI端子も装備する

録画用のUSB端子やMHLに対応するHDMI端子も装備する

USBやネットワーク上のコンテンツにアクセスできる「コンテンツマネージャー」を搭載。写真/音楽/動画で分類表示ができる

USBやネットワーク上のコンテンツにアクセスできる「コンテンツマネージャー」を搭載。写真/音楽/動画で分類表示ができる

 ただし、両機種とも無線LANとBluetoothを内蔵しMiracastに対応。USB HDDへの長時間録画が可能なほか、3Dコンテンツの表示にも対応するなど、機能は充実している。

HEVCデコーダーは背面の盛り上がっている部分に搭載

HEVCデコーダーは背面の盛り上がっている部分に搭載

 HEVCデコーダーを内蔵しており、今年の10月に開始予定の4K VODサービス「ひかりTV 4K」に対応。また、HDMI 2.0に対応しており、同社の4Kレコーダーと組み合わせることで4K試験放送の視聴も可能だ。

 フルHD(2K)の放送や映像についても、「AQUOS 4K-Master Engine PRO」の搭載により高精細にアップスケーリングが行なえる。

 液晶パネル表面は低反射処理が施され(モスアイパネルではない)、外光の写り込みなどを防ぐ。液晶パネルはVA方式で、バックライトはエッジ式。バックライトの部分制御は行なわない。

M字のようなデザインのスタンド。テレビ本体中央部にはSHARPの文字が白く浮かび上がる

M字のようなデザインのスタンド。テレビ本体中央部にはSHARPの文字が白く浮かび上がる

背面下方左右にスピーカーを内蔵

背面下方左右にスピーカーを内蔵

スピーカーユニット。テレビには下を向いた形で内蔵されている

スピーカーユニット。テレビには下を向いた形で内蔵されている

 スタンド部が波のように曲がった「フローティングデザイン」を採用するのも特徴。スリムなフレームを採用することで、浮揚感を高めている。

 本体下方背面の左右にはバスレフ式のBOXスピーカーを搭載。スピーカーには4.5×10cmという大口径のものを採用する。また、「新・AudioEngine」により、音をクリアにしつつ音像の定位をを改善。リスニングエリアも広がっている。

4Kの中小型モデルを投入するシャープの戦略

 同社の調査によれば、テレビ全体の実売台数のうち、4Kテレビが占める割合は直近で3.3%とのこと。ただし、今年1月の時点で1.2%だったことを考えれば躍進しているといえる。そして、その3.3%の構成比の中で約30%を占めるのが52V型以下の中小型モデルとなっている。

 そこで今回、40~50V型の4Kテレビを投入したわけだが、同社いわく他社も含めて手薄なゾーンであり、そこに製品を投入することにより4Kテレビの裾野を広げる狙いがあるとのことだ。

■関連サイト

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画