このページの本文へ

色あせたような写真や、部分的にカラーを付与した写真を作成できる

インスタグラム、写真編集ツール「フェード」「色」を実装

2015年04月08日 15時23分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フェードツール。反映後の写真はフィルムカメラのような色あせた雰囲気に

 米インスタグラムは現地時間4月7日、デジタル写真にフィルムカメラの写真に近いニュアンスを加える「フェード」と、カラーをプラスする「色」の編集ツールを実装した。

 編集ツールは現在全15種類。写真編集画面のレンチ型アイコンをタップ後、画面下部に表示される編集ツールの一覧から選択できる。

 「フェード」ツールでは写真のコントラストが弱まり、フィルムカメラで撮影したような色あせた雰囲気に仕上がるとしている。写真下のスライドバーにより、0~100%までの間で効果の強弱を調整可能。

色ツール。一部分にカラーを付与できる

 「色」ツールは、写真の一部分にカラーを付与できる機能。イエロー、オレンジ、レッド、ピンク、パープル、ブルー、シアン、グリーンの8色から1つを選択し、「影」タブをタップすると写真の暗い部分に、「ハイライト」タブをタップすると明るい部分に、選んだカラーを付与できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン