このページの本文へ

言語を超える絵文字で気持ちを表現

Instagram、絵文字ハッシュタグ機能をリリース。新フィルター3種も追加

2015年04月28日 18時10分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
インスタグラムで人気の絵文字ランキング。

 インスタグラムは、4月27日(米国時間)、絵文字ハッシュタグ機能とLark、Reyes、Junoの新しい3つのフィルタを発表した。

 絵文字ハッシュタグの導入によって、ひとつまたは複数の絵文字を使ったハッシュタグや、テキストと絵文字を組み合わせたハッシュタグをキャプションに記載し、写真や動画をシェアすることが可能になる。テキストでは表現しにくい感情をシンプルに相手に伝えたり、言語の違いで伝わらないことも、絵文字を加えることでより明確に表現したりするられるという。

 また、絵文字ハッシュタグ検索も可能で、検索ページのハッシュタグタブから絵文字で検索するか、キャプションに記載された絵文字ハッシュタグをタップして、特定のハッシュタグで投稿された写真や動画を一覧できる。

 さらに、従来の24種のフィルターに、Lark、Reyes、Junoの3つのフィルタが追加された。いずれも「探検(Exploring)」をテーマに、自然の光や山、空などをイメージした効果だ。フィルタの編集ページを開くと、ページ下部に並んでいるフィルタボタンの先頭に配置される。従来通り、「管理」ボタンから計27種のフィルタの表示順序をカスタマイズし、表示・非表示を選択できる。

Lark:赤みを押さえ、青・緑の彩度とコントラストを強くし、全体をはっきりとした印象にする。Reyes:米国カリフォルニア州のポイント・レイズ(Point Reyes)の岩の多い海岸風景に由来。くすんだビンテージ調の編集が施され、青みが弱まる。Juno:共同設立者のマイク・クリーガーの愛犬junopupに由来している。青みや暗さが強い範囲に、緑がかった色調を加えるとともに、白や赤みが強調され、印象が明るくなる。
LarkReyesjunopup

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン