このページの本文へ

お祭りで売ってるアレ

息で文字を打つ「Google日本語入力ピロピロバージョン」発表(※4月1日)

2015年04月01日 09時00分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
吹いて戻すアレで日本語入力……?

 Googleは4月1日、公式ブログで「Google日本語入力ピロピロバージョン」を発表した。

 Google日本語入力ピロピロバージョンは、手を使わなくても文字が入力できるデバイス。吐いた息の量を、ピロピロの長さに変換することにより可視化し、その長さを赤外線センサーで読み取り、Bluetoothで送信することで、文字入力を可能にするという。

シンプルだが奥深い構造。

 公式ブログによると、Google日本語入力ピロピロバージョンは、『つり革や手すりに掴まっている』『赤ちゃんを抱っこしている』『逆立ちをしている』このような状況でも文字を快適に入力できるようにするために開発されたという。

ピロピロは様々な種類をラインアップ。

 発売日、価格は市場調査の結果を踏まえて判断するとしている。「これからも、より快適な入力方法の実現に向けて、息の長い研究開発を続けていきたいと考えています」とのこと。

 実はGoogle日本語入力ピロピロバージョンは「Google日本語入力マジックハンドバージョン」「Google日本語入力モールス版キーボード」に続くエイプリルフールのネタ。今回はジョークだったが、ピロピロは最近エクササイズに使われるなど人気が出ているので、意外とアリかもしれない。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ