このページの本文へ

メモリー消費量も低減

Google日本語入力Android版が更新、計算機能やAndroid TV対応など

2015年04月03日 16時06分更新

文● 松野/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Google日本語入力がアップデート

 グーグルは4月3日、Android版Google日本語入力をアップデートした。デベロッパー向けブログで発表したもの。

 更新された主な機能は、「あめ」「うれしい」など一部の候補を確定した直後に、文字に対応する絵文字や顔文字を変換候補に表示する予測変換の機能向上、ハードウェアキーボード利用時の入力モード表示機能、数式入力時に計算結果を変換候補に表示する計算機能、Android TVでの動作サポートなど。

Google検索のような計算機能も

 そのほかの変更点は、辞書を更新、メモリー消費量の低減、履歴に基づいた変換候補の精度を改善、ポップアップ表示の抑制など。また。マッシュルームプラグインの動作互換性の改善、一部アプリケーションにおける確定キーの動作改善など、一部の問題を修正している。

 なお、Android版Google日本語入力に対するフィードバックは、プロダクトフォーラムから随時受け付けている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン