このページの本文へ

クックパッドのSEO/無料日本語Webフォント/デザインのコツ25選

2015年03月18日 11時00分更新

Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

国内外のWebメディア、ブログから、マーケティングやWeb制作に役立つ注目記事をピックアップ。先週は、クックパッドが公開したSEOへの取り組み事例、Googleフォントで日本語フォントがリリース、グラフィックデザインのコツのまとめ、などが話題でした(ピックアップ期間=2015/3/9〜3/15)

マーケティング/ソーシャル/SEO


小売業界を激変させる、今アメリカで急成長しているEC発ショールームストアとは?(スパイスな人生)

http://blog.spicelife.jp/entry/2015/03/12/093254

リアル店舗を持っていないネット事業者が取り組むオムニチャネルの事例。ネットがリアルを取りに行く施策がますます重要になりそうです。


プロなら読んで当たり前!Webマーケッター必読書12選(INBOUND marketing blog)

http://www.inboundmarketing.jp/blog/2015/03/10/web_book/

Web担当者、マーケッターのレベルを引き上げる書籍として12冊挙げられています。マーケティング理論書から現場レベルのノウハウ本まで幅広いラインナップ。


新コンテンツを作る際のSEO施策の効果評価とクックパッドのSEO(クックパッド開発者ブログ)

http://techlife.cookpad.com/entry/2015/03/10/103416

クックパッドが取り組んでいるSEO事例について紹介。SEOにもともと強いイメージがありますが、ワークフローと施策評価を公開しています。


マーケティング担当者350名に聞いた「最も効果を感じた施策」とは?【ソウルドアウト調査】(Markezine)

http://markezine.jp/article/detail/22088

マーケティング担当者へのアンケート調査の結果。もっとも効果を感じた施策は、企業規模にかかわらず「SEO」とのこと。


Googleのモバイルフレンドリーアルゴリズムは、現在のところ、デスクトップのランキングシグナルとの区別はつけていない。(SEO Japan)

http://www.seojapan.com/blog/google-mobile-friendly-algorithm-currently-doesnt-differentiate-desktop-ranking-signals

Googleが取り組んでいる「モバイルフレンドリー」について。現時点ではモバイルとデスクトップとで順位変動のシグナルを区別していないとのことですが、調査や実験は継続しているとのこと。

サイト設計/UI/Webデザイン


デザイン変更は抜本的にやるべきか、それとも、少しずつやるべきか(U-Site)

http://www.usability.gr.jp/alertbox/radical-incremental-redesign.html

基本はちょっとずつ、データを見ながら調整していきつつ、ときには大規模な見直しも必要。Webサイトの改善に取り組むための考え方を紹介しています。


グーグルが日本語Webフォントを提供してた。これはWebフォントの大転換になるかも?(Web担当者Forum)

http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/10/19508

Googleフォントで日本語フォントの提供が始まっていた、というニュース。「Noto Sans Japanese」はアドビが開発した「源ノ角ゴシック」のこと。いろいろなウェイトが揃っているので、見出しで使うとよさそうです。


VASILYデザイナーが選ぶ、アプリデザイン効率化のためのツール7選(VASILY DEVELOPERS BLOG)

http://tech.vasily.jp/app_design_tool/

VASILYのデザイナーチームによる、アプリデザインを効率的に進めるためのツール紹介。プロトタイピングツールもだいぶいろいろなものが出てきましたね。試してみましょう.


【翻訳】ノンデザイナーのための25のグラフィックデザインのコツ(POSTD)

http://postd.cc/25-epic-graphic-design-tips-for-non-designers/

グラフィックデザインの基本的なまとめ。「ノンデザイナーのための」とありますが、基本を確認したいデザイナーにもおすすめ。オンラインデザインツールを使って実際に試すこともできます。

テクノロジー/マークアップ/プログラミング


MUI – HTMLメールにも対応した軽量マテリアルデザインテンプレート(MOONGIFT)

http://www.moongift.jp/2015/03/mui-html

マテリアルデザインのフレームワーク「MUI」の紹介。シンプルで軽く、サイトだけでなくHTMLメールの作成にも使えるのが便利ですね。


ウェブのプッシュ通知、何がそんなにすごいのか?(Tender Surrender)

https://blog.agektmr.com/2015/03/mobile-web-app.htm

Android版Google Chromeのベータ版でプッシュ通知が使えるようになりました。どんな使い方ができる(できそう)か、まとめられています。スマホアプリのメリットの1つでもあるので、Webでできるのはうれしいですね。


コード学習の入門にピッタリ 子どもと一緒に、DIYでトイロボットをつくろう!(Techable)

http://techable.jp/archives/23150

Kickstarterで資金調達したDIYロボットの紹介。組み立てたロボットでプログラミングの学習ができるとのことで、子どもと一緒に楽しめそうです。春休みにどうぞ。

ライフハック/ビジネス/その他


AmazonがKickstarterで成功した製品を集めた「Amazon Exclusives」ストアを開店(GIGAZINE)

http://gigazine.net/news/20150312-amazon-exclusives-store/

クラウドファンディングの「Kickstarter」で製品化されたガジェットを扱うストアがAmazon.comにオープン。Kickstarterで製品化したものの、その後の販路に悩んでいるメイカーたちにはうれしいニュース。


あの日、Twitterのくじらが出なかったもう1つの理由(@IT)

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1401/08/news082.html

もともとは1年前の記事ですが、3.11に合わせて再び注目されていました。あのときTwitterが落ちなかったのには、実はエンジニアが自身の判断でサーバーを増強していたからなのだそうです。


SEと営業のためのヒアリング講座。モデレータのヒアリングテクニックから学ぶ(前編)(Publickey)

http://www.publickey1.jp/blog/15/se.html

IT関連のイベントでモデレーターを多く務める新野さんによる「対話の仕方」の紹介。SEだけでなく、コンサルやディレクターなど、受託の仕事をしている人には大いに参考になる内容です。

Web Professionalトップへ

この連載の記事

一覧へ
Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く