このページの本文へ

ネット配信に便利な機能をコンパクトに配置

ヤマハ、ネット配信向けミキシングコンソールに初音ミクモデルを発表

2015年03月09日 15時31分更新

文● 行正和義/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ヤマハ ミキシングコンソール AG03-MIKU

 ヤマハは3月9日、インターネット配信に適した機能を備えたミキシングコンソールの新製品として、「初音ミク お試しセット」を同梱した「ヤマハ ミキシングコンソール AG03-MIKU」を発表、5月下旬に発売する。

本体は「初音ミク」カラー 

 「AG03」は2015年1月に発表された各種楽器や機器を接続できるネット配信向けのミキシングコンソール。最高192kHz/24bitに対応、ネット配信に便利なループバック機能やワンタッチでエフェクト・サウンドを実現するDSPなどを搭載、USBバスパワーで駆動でき、パソコン接続だけでなくiPad(iPad 2以降)との接続も可能。発売は5月下旬。

パッケージ

 AG03-MIKUは、クリプトン・フューチャー・メディアの協力のもとに制作された「初音ミク」モデル。「初音ミクV3(ORIGINAL/DARK)」の39日体験版、サウンド素材「SONICWIRE」のフリーサンプル、「VOCALOID4 Editor for Cubase」の39日体験版などを同梱する。

入力はモノラル(MIC/LINE)×1、ステレオ(LINE)/モノ(GUITAR)×1、USB IN×1、AUX×1

 ボディにはオリジナルカラーリング、パッケージなどにはクリエイターiXima氏の描き起こしイラストが施される。実売1万6000円前後。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン