このページの本文へ

セブン&アイが衣料品PB設立、オムニチャネル本格化の一環で

文●通販通信

2015年03月04日 07時23分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

ロゴ セブン&アイ・ホールディングスは4日、今秋から本格スタートする「オムニチャネル戦略」の一環として、女性向けファッションの新プライベートブランド(PB)「SEPT  PREMIERES(セット プルミエ)」をイトーヨーカドー、そごう・西武の店舗とインターネットなどで今秋から発売する。

 「セットプルミエ」は、フランス語で「セブンプレミアム」の意味で、グループのPB「セブンプレミアム」の衣料品版となる。イトーヨーカ堂とそごう・西武による共同開発で、上質素材の調達力や製造小売生産のノウハウ、グループのスケールメリットを生かして商品開発から販売までを一貫する。また、世界的に著名なデザイナーであるジャンポール・ゴルチエ氏とコラボした高感度なファッションブランドを「Jean Paul GAULTIER FOR SEPT PREMIERES」として展開。両ブランドの販売目標は初年度で75億円となっている。

 同社は今秋から「オムニチャネル」戦略を本格的にスタートさせ、グループと連携し、グループのデパート、スーパー、雑貨店、家具・インテリア、乳幼児専門店などで取り扱う約300万点の商品を、いつでもどこでも注文・受け取りできる体制を整える。グループが販売する商品は、セブン‐イレブンでも受け取りできるようにする。同戦略ではグループの全顧客データを統一させたIDの発行も検討されている。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く