このページの本文へ

ミラーレス一眼の決定版! 進化した「EOS M3」をチェック

2015年02月10日 11時00分更新

文● 鈴木誠史/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 キヤノンが2月6日に開催したデジタルカメラ新製品発表会では、同社史上最多となる13機種が発表された。発表会後にはタッチ&トライコーナーがオープン。展示されていた「EOS M3」を写真で紹介する。

2015年モデルのラインアップは「EOS☆ALL STARS 2015」と名付けられたコンデジの「IXY」「PowerShot」、ビデオカメラ「iVIS」の新モデルも発表。計13機種の大型発表となった

「EOS M3」の実機を写真で紹介

 大きく進化したのは高速AFで、従来モデル「EOS M2」の3.8倍の速度を実現しているという。詳しいスペックはこちらの記事を参照してほしい。

「EOS M3」が搭載する、有効約2420万画素CMOSセンサー「Hybrid CMOS AF III」
新CMOSセンサーの搭載などで、AFは「EOS M2」の3.8倍高速化した
本体カラーはホワイトとブラックの2色。なお、外観デザインを従来機から一新。大きめのグリップが加わった
前面のグリップのおかげで、片手でもしっかり掴める。重量も約319g(本体のみ)と軽め
本体右側面。HDMI出力端子がある
本体左側面。マイクやストロボ用スイッチなどを搭載
本体上面。モードダイヤルなど複数のダイヤルが
EVFの装着が可能。目を近づけるとセンサーが反応、モニター表示が消えEVFが作動する
チルト機構を持つモニター。ハイ/ローアングル撮影時もモニターを確認できる
180度回転も可能。モニターを見ながら自撮りできる
「EOS M3」は、一眼レフユーザーのサブ機/コンパクトやスマホユーザーのメイン機としての使用を想定
EVFキットを2万5000台限定で発売。EVFをお得に手に入れられるチャンスだ

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン