このページの本文へ

AFが3.8倍速くなったミラーレス一眼「EOS M3」

2015年02月06日 13時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「EOS M3」
「EOS M3」。外観デザインは大幅に変更されている

 キヤノンは6日、ミラーレス一眼カメラ「EOS M」シリーズの最新機種「EOS M3」を発表した。3月下旬発売予定で、キヤノンオンラインショップによるボディーのみの販売予定価格(税別)は5万6800円。

ブラック以外にホワイトのモデルも用意する ブラック以外にホワイトのモデルも用意する
CMOSセンサーが新しくなり、「ハイブリッドCMOS AF III」に対応する

 撮像素子内に位相差AF用画素を組み込んだハイブリッドCMOSセンサーが新しくなり、「ハイブリッドCMOS AF III」に進化。位相差AF用画素を水平方向に高密度で配置することでAF精度が高まっている。

 また、従来は必ずコントラストAFを併用していたが、ハイブリッドCMOS AF IIIではシーンによっては位相差AFのみで合焦が可能。これにより、従来機(EOS M2)と比較して最大約3.8倍のAF高速化を果たした。

最新の画像処理エンジンである「DIGIC 6」 最新の画像処理エンジンである「DIGIC 6」

 センサーサイズは従来と同じAPS-Cサイズだが、解像度は従来の1800万画素から2420万画素に向上。画像処理エンジンには最新の「DIGIC 6」を採用するなど、基本スペックを刷新。動画撮影ではMP4記録が可能となった。

本体上部。モードダイヤルなど複数のダイヤルが加わっている
本体上部。モードダイヤルなど複数のダイヤルが加わっている
本体左側にはマイクなどを搭載 本体右側にはHDMI出力がある
本体左側にはマイクやストロボ用スイッチなどを搭載本体右側にはHDMI出力がある
本体背面。右の十字キーも電子ダイヤルになっている
本体背面。右の十字キーも電子ダイヤルになっている
グリップは従来機よりもしっかりとしたものとなっている ストロボを内蔵する
グリップは従来機よりもしっかりとしたものとなっているストロボを内蔵する

 外観デザインも一新しており、新たに大きめのグリップを装備するほか、モードダイヤルや露出ダイヤルなどを追加。メニューに入ることなくこれらの設定を変更できる。

ユーザーからの要望が多かったEVFの装着が可能

 加えて、これまでユーザーからの要望が多かったEVF(別売、EVF-DC1)が用意され、アクセサリーシューに装着可能。各種ダイヤルと合わせて、一眼レフ風の“構えるスタイル”での撮影が可能となった。

背面のチルトモニターは180度回転が可能。自分撮りもできる

 背面モニターはチルト式となり、下に45度、上方向には180度回転し自分撮りも可能。タッチパネル式なのは従来機と同じだが、ダッチ操作のオン/オフが可能となっている。

 機能面では、撮影設定をわかりやすく表現する「クリエイティブアシスト」を搭載。たとえば、「絞り」は「ぼかす~くっきり」に、「露出補正」は「明るく~暗く」などのパラメーターで調整可能。この表現は撮影情報表示画面にも反映可能なほか、クリエイティブアシストで設定した調整値は6つまで保持でき、ほかのEOS M3へのエクスポートも可能だ。

 無線LANには従来通り対応するほか、NFCにも新たに対応。スマホをかざすだけでリモートコントロールが可能となっている。

 レンズキットは3種類を用意。18-55mmレンズが付属するキット(キヤノンオンラインショップによる税別販売予定価格は7万1800円)と、それ以外に22mmのレンズが付属するキット(同8万5800円)、さらに18-55mmと55-200mmレンズが付属するキット(同9万6800円)というラインナップとなっている。また、ボディー単体を含むそれぞれにEVF付属のキットも用意されており、プラス3000円となる見込み。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン