このページの本文へ

ソフトバンクとワイモバイル、光回線とのセット割を3月から開始

2015年01月30日 17時30分更新

文● 末岡大祐/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソフトバンクとワイモバイル、光回線とスマホのセット割開始!

 ソフトバンクBBはNTT東日本/西日本の回線卸を利用したブロードバンドサービス「SoftBank光」を3月1日から開始する。まず、「SoftBank 光」の料金は、2年契約を前提にマンション型が3800円、戸建て型が5200円となる(ともに税抜、ISP料金含む)。

 これにあわせて、ソフトバンクモバイルでは「SoftBank 光」などの固定回線とスマートフォンなどをセットで契約するユーザー向けに割引が発生する「スマート値引き」の提供を開始する。

 「スマート値引き」はドコモの「ドコモ光パック」と同様に、データ定額から割引が発生する形。データ定額で10GB以上のプランでは2年間、月2000円割引(3年目以降は月1008円、割引額は税込)。5GBのプランで同じく月1522円(3年目以降は月1008円)などとなっている。

 セットで利用できる固定通信には「SoftBank 光」のほかに、ソフトバンクBBがすでに提供している「SoftBank Air」「Yahoo! BB ADSL」なども含まれる。ただし、「SoftBank 光」で「スマート値引き」を適用させるには、「光BBユニット」「Wi-Fiマルチパック」「ホワイト光電話(基本プラン)」のオプションが必要(合わせて月500円、税抜)。

 なお「スマート値引き」は「家族の学割」「のりかえ割」と併用することができ、さらにスマート値引き加入中にモバイルルーターを新規契約すると、ルーターの利用料金から月1522円(3年目以降は月1008円)を割り引く「スマート値引き Wi-Fiルーター特典」も提供される。

 このサービス開始に先立って、2月4日から「SoftBank光」「スマート値引き」「スマート値引きWi-Fiルーター特典」の事前受付を開始する。

 ワイモバイルでも、同様のコラボレーションサービスが開始される。こちらは「SoftBank 光」とともにワイモバイルのスマートフォンを契約すると、1回線あたり月500円、4回線以上では最大で月5200円を割り引く(戸建て型時)「光おトク割」を3月1日から開始。2月4日から事前受付を行なう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン