このページの本文へ

auスマートバリュー、10GB以上のデータ定額で割引額アップ

2015年02月26日 17時05分更新

文● 二子/ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 KDDIは、au携帯電話と指定の固定通信サービスをセットで契約すると、au携帯電話の料金が割引される「auスマートバリュー」の内容を3月から改定。一部プランで割引額を増額する。

 今回割引額が増額されるのは、国内音声定額が利用できる新プランとセットで用いるデータ定額のうち、「データ定額10」「データ定額13」。主要プランの割引額が月1410円(以下すべて税抜、3年目以降は月934円)なのに対し、月2000円となる(3年目以降は月934円)。

 今回の増額は、大容量のデータ定額に契約すると割引額が大きくなる他社サービスへの対抗と見られるが、今回の増額でソフトバンク「スマート値引き」とはほぼ同等となる。また、「ドコモ光パック」と比較すると、「auスマートバリュー」「スマート値引き」は最大4回線分の携帯料金が割り引かれるという違いがある。


■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン